ワーナーミュージック・ジャパン

TOP > NaNa > プロフィール

NaNa プロフィール

1996年、ヴォーカル渡辺愛子(Chikako Watanabe)、ギター&プロデュース田丸恵男(Shigeo Tamaru)で結成。
97年、坂本龍一氏に送ったメールがきっかけで坂本氏のラジオ番組への出演のオファーを受ける。
この時に番組用にメンバーが制作した「RED」で当時坂本氏がレーベルオーナーのgutbounce recordsよりデビュー。
このシングル「RED」は東京首都圏、渋谷、新宿などのタワーレコードのインディーズ・チャートで一位を獲得。
98年、フォーライフと契約、シングル「Super Star」、「Snake Girl」99年、アルバム「VOID」を発表。
この両シングル、ファーストアルバムのレコーディング~ミックスダウン~マスタリングの制作は東京-ロンドン-ニューヨークで行われ、ミックスダウンにはロンドンのエンジニア、Clive Goddard氏、マスタリングにはニューヨークのエンジニアTed Jensen氏を迎えた。 99年から2001年まではライブ活動、イベント、アロハ・フェスティバルに出演。ファースト・ライブはSuedeの日本公演の前座だった。
2002年、ドリームマシーン/ワーナーミュージックジャパンに移籍、シングル「S」、セカンドアルバム「Imaginary Man」を発表。
前作同様、レコーディング~ミックスダウン~マスタリングの行程は東京-ロンドン-ニューヨークで行われた。
2006-2007年、ファーストとセカンドの両アルバム「VOID」と「Imaginary Man」の配信を開始。英国BBCで紹介された事をきっかけに、徐々に海外FMで楽曲のオンエアーが増え始め、米国と英国を中心にローカルFM局、BBC、米国サテライトラジオなどでもオンエアーを獲得。 世界各国で楽曲が聴かれるようになる。
2011年2月には米音楽誌ビルボード・マガジンに初チャート・イン。 Unchartedチャートに13週に渡りランクインされ初登場49位、最高位は12位を記録。2011年度12月末のBillboard年間チャート(The Best of 2011)でも41位にランク・インした。
また、ブラジルのビルボードでもチャート・インを果たしている。
2012年夏、セルフリリースによるシングル「RIDE」をプライベートレーベル、One Dot Recordsより発表。
2013年2月には「Unbelievable World」をワーナーミュージックジャパンよりリリースする。両シングル共に米ビルボードのインディペンデント・アーティストのチャートにランキングされた事を受けて制作された作品で、以前からのNaNaのスタイルに加え、ElectronicaやAmbient、Indie Rockの影響も受けた新しい「ヴィジョナル・ロック」を聴く事が出来る。
同年3月、2002年にリリースした2nd「Imaginary Man」をワーナーミュージックジャパンより再リリース。
オリジナルの12曲に加え、2002年当時のアウト・トラック“The Plain Jane”をBonus Trackとして新たに追加収録。
日本をはじめ各国のiTunesより2013年3月13日より発売。

Cover Slider - カバースライダー

神聖かまってちゃん『英雄syndrome』SPOT映像
ワーナーミュージック・ジャパン ピックアップチャンネル
神聖かまってちゃん『英雄syndrome』SPOT映像
シングル曲「フロントメモリーfeat.川本真琴」「ロボットノ夜」「ズッ友」を含む、待望のオリジナルアルバム『英雄syndrome』9/10 RELEASE!
邦楽 ピックアップチャンネル洋楽 ピックアップチャンネル
メニュー
  • NaNaのモバイルサイト QRコード
  • NaNaのモバイルサイト

    モバイルでも公式情報をチェック!

    公式着うた®配信サイトwamo! (ワーモ)

ページトップへ