ワーナーミュージック・ジャパン

TOP > 尾崎 豊 > プロフィール

尾崎 豊 プロフィール

1983年12月、シングル『15の夜』とアルバム『十七歳の地図』で高校在学中にデビュー。
4枚目のシングル『卒業』で大ブレイクを果たす。

夢や愛をストレートに歌う楽曲や、高校中退の経験を持ち、社会や学校の中で感じる葛藤や心の叫びなどを表現した楽曲の数々が多くの共感を呼び、若者から絶大な支持を得た。
10代で発表した3作のアルバムでは、ストレートな歌詞や、ストレートなロックンロールが特徴となっている。

20代に入りニューヨークでの生活を経て、レコード会社を移籍。『核(CORE)』、『太陽の破片』の2作品のシングルを発表したのち、1988年9月に発表されたのが4thアルバム『街路樹』(当時22歳)。

その後、ソニーに再移籍し、1990年に2枚組『誕生』を発表。 1992年、6thオリジナルアルバム『放熱への証』を完成させたが、発売日を迎える前に急死。26歳。

尾崎豊の残した楽曲は多くのアーティストにカヴァーされ、今なお多くのファンを増やし続けている。

Cover Slider - カバースライダー

メニュー
  • 尾崎 豊 配信情報
  • 尾崎 豊のモバイルサイト QRコード
  • 尾崎 豊のモバイルサイト

    モバイルでも公式情報をチェック!

    公式着うた®配信サイトwamo! (ワーモ)

ページトップへ