ZERO 7

Profile

●Sam Hardaker(サム・ハーデイカー)&Henry Binns(ヘンリー・ビンズ)からなるプロデュース・ユニット。デビュー前にアナログでリリースした2枚のEP(『EP1』、『EP2』)が大きな話題を呼び、ジャイルス・ピーターソンやナイジェル・ゴドリッチといったイギリスの音楽界のキー・パーソンから絶賛を受ける。2001年にアルバム『SIMPLE THINGS』でデビュー,本国イギリスではプラチナ・セールスを記録し、ヨーロッパ全土に波及,遂にはアメリカでも大ヒットを記録。そして、翌'02年のマーキュリー・アワーズでは“最優秀アルバム”にもノミネート。2004年に、2nd『WHEN IT FALLS』をリリースし、より壮大なZERO 7ワールドを展開し、こちらも大ヒットを記録している。

●リミキサーとしても有名で、レディオヘッド、レニー・クラヴィッツ、N.E.R.D.などから、YNQ、Quasimoto、Herbert、ジム・オルーク、セルジュ・ゲンズブール、Da Lataに至るまで、ジャンルレスかつ縦横無尽に手掛けており、まさに引っ張りだこの状態。

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS