The Best of Delius(TBC)(V.A.) フレデリック・ディーリアスの音楽(仮)(V.A.)

Discography

The Best of Delius(TBC) / フレデリック・ディーリアスの音楽(仮)

The Best of Delius(TBC) / フレデリック・ディーリアスの音楽(仮)

  • Album

2017.10.25 発売JPY2200¥2,200+税/WPCS-13733

■盲目と全身麻痺に苦しみながら、音楽を書き続けた英国の孤高の作曲家、フレデリック・ディーリアス(1862-1934)。その音楽に感銘を受け、ディーリアスを救ったのは、ある若き作曲家、エリック・フェンビーだった。今回、そのフェンビーによる、晩年のディーリアスの姿を描いた伝記本の決定版「Delius As I knew Him」の日本語訳版の出版がアルテス・パブリッシングより11月初旬に決定。その発売やコンサートなどを含むディーリアス・プロジェクトが始動。

■ディーリアスは、英国の歌手、ケイト・ブッシュが「ディーリアス」という曲を発表したり、映画監督ケン・ラッセルもBBCで伝記映画を制作したりと、従来のクラシック・ファン以外のクリエイターたちにも深いインスピレーションを与えた存在。また、人生の大半を英国国外で過ごしたディーリアスは、1894年には、画家・ゴーギャンのスタジオを毎週訪れ、ここから、ムンク、ロダン、ミュシャなどを含むアーティスト達との交流の輪が広がっていったという、今でいうインフルエンサー的な存在でもあった。

■ 本コンピレーションCDは、英国音楽に詳しいライター、オヤマダアツシ監修、選曲。
ディーリアスはクラシック音楽史の表舞台で注目される作曲家ではないものの、カリスマ的人気を誇り、1960年代より数々の録音が発売(その多くは旧EMIより)され、日本でも確実にファンを増やしてきた。しかし現在はその多くが廃盤となったままである。ワーナー・クラシックスにのこっている伝記本の著者でディーリアスの弟子のフェンビーが補作し、演奏した貴重な音源も収録した決定版コンピレーション。
収録予定曲:ディーリアス:
■春、初めてのカッコウをきいて
■ラ・カリンダ(フェンビー編)
■人生のミサより第2部の幕開けの合唱
■夏の夜、水の上にて歌える
■去りゆくツバメ
■ヴァイオリン・ソナタ第3番~第2楽章
■夏の歌(ソング・オブ・サマー)他

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS