Bomsori Kim キム・ボムソリ

Discography

Wieniawski, Shostakovich: Violin Concertos / ヴィエニャフスキ、ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲【輸入盤】

Wieniawski, Shostakovich: Violin Concertos / ヴィエニャフスキ、ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲【輸入盤】

  • Album
  • PC配信

2017.11.03 発売JPY09029.576322

数多くの入賞経験をもつヴァイオリニスト《キム・ボムソリ》の個性的演奏
ヴァイオリニスト「キム・ボムソリ」は、6歳からヴァイオリンを学び、ソウル国立大学にてキム・ヤンウクに師事。2013年ARDミュンヘン国際音楽コンクールで最高賞(1位なしの2位)、 2015年チャイコフスキー国際コンクール5位、2012年ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール5位、2010年仙台国際音楽コンクール最年少入賞&聴衆賞、 シベリウス国際ヴァイオリン・コンクールなど数多くの国際コンクールで高い評価を得ています。現在26歳で、ジュリアード音楽院でシルヴィア・ローゼンバーグ氏のもとで学んでいます。
ポーランドに生まれたヴィエニャフスキは、パガニーニやサラサーテと同様、ヴィルトゥオーゾ・ヴァイオリニストとして名を成しただけあって華美な技巧が必要とされる名曲をまとって登場する曲。難曲を難なく弾きこなす技術だけでなく、ヴィエニャフスキがこの曲に織り込んだポーランドの栄光と哀しみを象徴するようなヴァイオリンの表情豊かな音色を引き出しています。ショスタコーヴィチでは体力と集中力の要求レベルが高い作品ですが、こちらもその全編にわたるテンションの高さはとりわけ印象的で、厳しさが反映された個性的な演奏といえましょう。
【収録曲】
1) ヴィエニャフスキ:ヴァイオリン協奏曲第2番ニ短調Op.22,
2) ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調Op.77

【演奏】
キム・ボムソリ(ヴァイオリン)、
ヤツェク・カスプシク(指揮)ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】2017年3月、ワルシャワ・フィルハーモニック・コンサート・ホール

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS