The Corrs ザ・コアーズ

Discography

Jupiter Calling / ジュピター・コーリング

Jupiter Calling / ジュピター・コーリング

  • Album
  • PC配信

2017.11.22 発売JPY2457¥2,457+税/WPCR-17956

全世界4千万枚以上のセールスを記録した、世界で最も“美しい4兄妹”バンド、ザ・コアーズ、2015年『ホワイト・ライト』以来2年ぶりとなる待望の新作!

1997年に発表された彼らのセカンド作であり、ヒット・アルバム『トーク・オン・コーナーズ』から20年目を迎えた今年2017年、彼らは新作を携えて戻ってきた。
T・ボーン・バーネットをプロデューサーに迎え、7枚目となる『ジュピター・コーリング』をリリースする。

「これまでスタジオで過ごした中で最も自由な経験だったわ」と、長女のキャロラインは、今作の制作にあたってLondonのRAKスタジオで過ごした日々を振り返る。
プロデューサーのT・ボーン・バーネットとバンドは、スタジオに備え付けのレアな録音機材や楽器を用いて、2インチテープにて録音、ベーシストのロビー・マローン(デヴィッド・グレイ他)と、ギタリストのアンソニー・ドレナン(クリス・レア、ジェネシス、クラナド他)とともに、最小限のオーヴァー・ダブ、すなわち何度もやり直しをすることなく、レコーディングは進められたという。
「僕は彼らの深くて惜しみないスピリットが大好きなんだ」と、T・ボーンは語る。「彼らが曲を書いて、歌って、プレイするのが好きなんだ。アイルランドの人々は本当に素敵で - 音楽、文学、芸術はどれも素晴らしい – けど、そのなかでもザ・コアーズという存在はその中でもまさに見本と言えるべき存在だね。」
「ジュピター・コーリング」の中でも、「SOS - Song of Syria (シリアの歌) -」はこれまでの彼らの楽曲の中でも最もポリティカルな楽曲であり、感情を喚起する楽曲になっている。

  • M-1

    Son of Solomon / サン・オブ・ソロモン

    M-2

    Chasing Shadows / チェイシング・シャドウズ

    M-3

    Bulletproof Love / バレットプルーフ・ラヴ

    M-4

    Road to Eden / ロード・トゥ・エデン

    M-5

    Butter Flutter / バター・フラッター

    M-6

    SOS / エスオーエス

    M-7

    Dear Life / ディア・ライフ

    M-8

    No Go Baby / ノー・ゴー・ベイビー

    M-9

    Hit My Ground Running / ヒット・マイ・グラウンド・ランニング

    M-10

    Live Before I Die / リヴ・ビフォア・アイ・ダイ

    M-11

    Season of Our Love / シーズン・オブ・アワ・ラヴ

    M-12

    A Love Divine / ア・ラヴ・ディヴァイン

    M-13

    The Sun and the Moon / ザ・サン・アンド・ザ・ムーン

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS