Emmanuelle Haim エマニュエル・アイム

Discography

Lamenti, Handel: Arcadian Duets / ラメント集、ヘンデル:アルカディアン・デュエット【輸入盤】

Lamenti, Handel: Arcadian Duets / ラメント集、ヘンデル:アルカディアン・デュエット【輸入盤】

  • Album

2018.01.26 発売JPY09029.574009

《Veritas x2 シリーズ》

《豪華歌手らによるバロックの劇的感情溢れるアルバム》
CD1では、「ラメント」(嘆きの歌)にテーマを絞ったアルバム。モンテヴェルディ「アリアンナの嘆き」はその中でもよく知られた代表的作品ですが、様々な作曲家による、17世紀に隆盛を誇った音楽「ラメント」を集めた実験的ともいえるプログラム。ヴィラゾン、デセイ、ジャルスキー、ジャンス、ディドナート、チョーフィなど豪華な歌手たちと作り上げた意欲作です。CD2では、ヘンデルの緊密なデュエット・ハーモニー作品。こちらも様々な豪華歌手らによるもので、ビブラートを最小限に抑えながらも、そのまばゆいボイス・ヴォイシングはスリル満点。そこから強力なドラマ表現が生まれだされています。なお、歌詞・対訳は付いておりません。

【収録曲と歌手】
《CD1:ラメント集》
1) カヴァッリ:『D'Hipparco, e di Climene』(エジストの嘆き)(「エジスト」)
~ロランド・ヴィラゾン(テノール)、
2) モンテヴェルディ:『太陽神がまだ世界に昼を』(ニンフの嘆き)(「戦と愛のマドリガル曲集(第8巻)」)
      ~ナタリー・デセイ(ソプラノ)、サイモン・ウォール(テノール)、
       トピ・レーティプー(テナー)、クリストファー・パーヴェス(バリトン)、
3) ストロッツィ:『L'Eraclito amoroso』(「カンタータ、アリエッタと二重唱」)
      ~フィリップ・ジャルスキー(カウンターテナー)、 4) モンテヴェルディ:『われを死なせたまえ』(「アリアンナの嘆き」)
      ~ヴェロニク・ジャンス(ソプラノ)
5) ランディ:『Superbe colli』
      ~クリストファー・パーヴェス(バリトン)、
6) モンテヴェルディ: 『さらば、ローマよ』(「ポッペアの戴冠」) 、
      ~ジョイス・ディドナート(メゾ・ソプラノ)、
7) カヴァッリ:『Acate, Ilioneo』(エネアの嘆き)(「ディドーネ」) 、
      ~トピ・レーティプー(テナー)、
8) カリッシミ:『Ferma, lascia ch'io parli』(マリア・スチュアルダの嘆き) 、
      ~パトリツィア チョーフィ(ソプラノ)
9) チェスティ:『Dure noie』(アタマンテの嘆き)(「L'Argia」) 、
      ~ロラン・ナウリ(バス・バリトン)、
10) カヴァッリ:『Alle ruine del mio regno』(エクバとカッサンドラの嘆き)(「ディドーネ」)、
      ~マリー=ニコル・ルミュー(コントラルト)、パトリツィア チョーフィ(ソプラノ)、
11) モンテヴェルディ:『わが生命なる女よ、君死にて』(オルフェオの嘆き)(「オルフェオ」)、
      ~ロランド・ヴィラゾン(テノール)、

《CD2:ヘンデル:ヘンデル:アルカディアン・デュエット集》
1) 『ああ、人間の運命は』HWV.179、
      ~ナタリー・デセイ(ソプラノ)、ヴェロニク・ジャニス(ソプラノ)、
2) 『盲目の愛の神、あなたを信じます』HWV.189、
      ~ラウラ・クレイクーム(ソプラノ)、アンナ・マリア・パンツェレッラ(ソプラノ)、
3) 『私の悩みのいとしいお方』HWV.182a、
      ~パトリシア・プティボン(ソプラノ)、ポール・アグニュー(テノール)、
4) 『夜明けにほほえむその花を』HWV.192、
      ~パトリシア・プティボン(ソプラノ)、アンナ・マリア・パンツェレッラ(ソプラノ)、
5) 『恋する心よ、熱情を貯え増やせ』HWV.185、
      ~ファニータ・ラスカッロ(ソプラノ)、ブライアン・アサワ(カウンターテナー)、
6) 『多くの矢を私の胸に放ち』HWV.197、
      ~ラウラ・クレイクーム(ソプラノ)、サラ・ミンガルド(コントラルト)、
7) 『行け、気紛れな望み』HWV.199、
      ~ラウラ・クレイクーム(ソプラノ)、アンナ・マリア・パンツェレッラ(ソプラノ)、
8) 『あなたをじっと見つめていたい』HWV.178、
      ~パトリシア・プティボン(ソプラノ)、マリヤーナ・ミヤノヴィチ(コントラルト)、
9) 『愛の絆は楽しく幸福』HWV.194、
      ~ラウラ・クレイクーム(ソプラノ)、サラ・ミンガルド(コントラルト)、

【演奏】 エマニュエル・アイム(指揮&チェンバロ)、ル・コンセール・ダストレ

【録音】
[CD1]2007年2月、2008年5月、パリ、Chapelle de l’Hopital Notre Damedu Bon Secours,
[CD2]2001年8月、2002年3月、パリ、Eglise evangelique lutherienne du Bon Secours,

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS