Faith Evans and The Notorious B.I.G. フェイス・エヴァンス&ザ・ノトーリアス・B.I.G.

News

「彼のすべてが恋しい―。」20年の時を超えビギーへの想いをフェイスが熱く語る!伝説的ラッパー、ザ・ノトーリアス・B.I.G.没後20年となる2017年、元妻であるフェイス・エヴァンスが完成させた奇跡のデュエット・アルバム遂に本日(5/19)全世界同時発売!

2017.5.19

今年、没後20年を迎える伝説的ラッパー、ザ・ノトーリアス・B.I.G.(a.k.a.ビギー・スモールズ)と、その元妻でありシーン屈指のR&Bディーヴァとして活躍するフェイス・エヴァンスが、20年の時を経て共演を果たした奇跡のアルバム『ザ・キング&アイ』がいよいよ本日(5月19日)全世界同時リリースとなる。



『ザ・キング&アイ』と名付けられたこのアルバムは、未発表を含むビギーの秘蔵ラップ・パート/ボーカル・トラックを使い、フェイス・エヴァンスを中心に、超豪華なゲストも多数参加したヴァーチャルなデュエット・アルバムで、バスタ・ライムス、ジェイダキス、スタイルス・Pなど往年の人気ラッパーはもちろん、ビギーの母親であるママ・ウォレスや、当時の情勢からは考えられない(※註)リル・キムやスヌープ・ドッグという夢の共演曲も収録、という全ヒップホップ・ファン垂涎の超豪華な作品。(※註:当時リル・キムはビギーと愛人関係にあったとされるためフェイスとは長年に渡り確執があった事で有名。またヌープ・ドッグは、ビギーが凶弾に倒れた原因でもある当時の“ヒップホップ界東西抗争”において、ビギーらが所属するバッド・ボーイ・レコーズを筆頭とする東海岸勢と対立していた西海岸勢の筆頭がビギーの半年前に他界した2パックらが所属して
いたデス・ロウ・レコーズであり、スヌープはそのデス・ロウの主力アーティストであった。)



この“奇跡のゲスト”2人に関して、フェイスは、

「リル・キムは以前、わたしのインデペンデント・アルバムでキムと一緒に仕事したいと思ったことがあったのよ。実現はしなかったけど。でもバッド・ボーイ20周年のツアーでリハーサルしてる時に彼女に言ったの。ビギーとのアルバムを制作してるから、あなたにもぜひ参加して欲しいって。彼女はイエスと即答してくれたわ。ツアー中にその曲を彼女に渡したら、ツアーが終わる頃には送り返してくれたわ。スタジオには入らなかったけど。でも、ついに実現できて嬉しいわ。彼女に対するわたしの“不快な”気持ちは、ビギーが亡くなった時に完全になくなったの。わたし、恨みを抱き続けるタイプの人間じゃないからね。分かる?当然、あの当時は彼女との問題はあったわ。でも彼が亡くなった時に彼女との共通項はなくなったの。だからそこにしがみつく必要はわたしには全くないから。その後、わたしたちはそれぞれ別の場所に移ったけど、こうして同じレコードで共演し
て、同じステージに立つことができるようになったんだから、素晴らしいことよ。スヌープとは何度か一緒に仕事したことがあるの。彼はいつだって変わらずクールな人よ。このアルバム制作中にわたしは彼のスタジオで何度もレコーディングしたのよ。だからレコーディング中に彼と会っていたし、何曲か耳にした彼は、“ヨー、この曲マジで超ドープだぜ!”って言ってくれて、わたしが“あなたにこの曲に出て欲しいのよ!”と言えば、彼は“もちろん!”と答えてくれたし、実際に参加してくれたの。曲ができた時に彼は参加してノックアウトしてくれたのよ。いつも彼がそうするようにね(笑)! 」

と語っており、当時のヒップホップ界を揺るがせた“東西抗争”に関しては

「わたしとビギーは彼(スヌープ)とビーフなんてあったことはないわ。彼の方だってそう。単にメディアが騒いでいたことって事実をみんなが認めたくないんだと思うわ。私はLAに来るのを中止したことはなかったし、あの当時、西海岸のラジオに出た時、“怖くないの?”って聞かれたけど、“何が怖いの?”って話よ。人がビーフの最高潮とみなしてた時期でも、わたしは西海岸に来てラジオ・インタビューを受けたり、妊娠していた時にアワードを受賞に西海岸に来たら、人は“誰か別の人の子供を妊娠したんだ”と噂してたりしたけど、どうでもいいって感じよ(笑)。気にちゃいないわ。わたしは何が真実で何が真実じゃないか知っているから。」

と語っている。

気になるアルバムの制作プロセスに関しては

「このプロジェクトをやろうと思ったのは、ナタリー・コールとナット・キング・コールの『Unforgettable』からインスピレーションを受けたことがきっかけ。実際の制作はすごく時間がかかったけど、曲作りに関わった全ての人たちとのクリエイティヴなプロセスは、途切れることなく進んだわ。わたしと一緒に興奮して取り組んでくれた人たち…例えばサラーム・レミは、パフ(・ダディ)からリミックス用にもらったけど実現しなかったものとか、誰も聴いたことがないビギーのヴォーカル・パートを既に持っていたから、彼には既にトラックのアイディアがあったりとか。パフ(・ダディ)はこのプロジェクトが70%ほど完成した頃に聴きに来たの。いろいろメモを書いてたけど、基本的にはわたしが作ったものを気に入ったと言ってくれた。それで、結果的にパフの制作曲を1曲使うことになって、パフもプロデューサーとしてアルバムに参加してくれることに
なったの。」

と秘蔵エピソードを語ってくれた。そして、20年の時を経て今回デュエットを果たした最愛の夫ビギーに対しては、

「彼がいなくて寂しいわ。それが一番シンプルな気持ちよ。彼のすべてが恋しい。ひとつだけ挙げることはできない。彼に会えなくて寂しいという想いよ」

と今もなお募る想いを語っている。

こうして、いよいよ全世界に放たれる奇跡のアルバム『ザ・キング&アイ』、日本盤CDには、特別プレゼントとして「ボディ・ランゲージ」「マイ・B」という2曲のボーナス・トラックが収録されているので、チェックしてみて欲しい。
最後にフェイスから日本のファンへのメッセージをお届けしよう。

「日本のフェイスフルなみなさん、前回、日本のステージに上がった時、たくさんの人がわたしの曲を一緒に歌っていたことにビックリしたわ!確か英語が第一言語ではない国に訪れた最初か2つ目の国の経験だったから、とてもいい気分だったわ。十分な会話はできないかもしれないけど、みんながわたしの曲の歌詞を知ってるってことは、曲を聴いてるってことでしょ?(笑)。だから遠く離れた所に住む人たちからそんなに愛されているなんて、あなたたちに心から感謝しているの。みんながこのアルバム『The King & I』を楽しんでくれたら嬉しいわ!」


■マイノ他ラッパーがカメオ出演する、リード曲「レガシー」オフィシャル・ビデオが公開!

Faith Evans and The Notorious B.I.G. – “Legacy” [Official Video]

https://www.youtube.com/watch?v=3D1DXAD09gQ

  • Album

The King & I / ザ・キング&アイ

20年の時を超え、巡り合った2人のキセキ―。

伝説のラッパー、ビギーことザ・ノトーリアス・B.I.G.没後20年となる2017年春、元妻であったR&Bディーヴァ、フェイス・エヴァンスが豪華ゲストを迎えて完成させた奇跡のコラボレーション・アルバム!

2017/05/19 発売/¥2,200+税/WPCR-17691

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS