秦キュンBossa(V.A.)

News

秦 基博の胸キュン・ソングを、女性の優しい歌声で“ふわり”ボサノヴァ・カヴァー!初のカヴァー・アルバム『秦キュンBossa』が7/24CD発売決定!

2013.6.5

★秦 基博の胸キュン・ソングを優しいボッサの風で奏でたら



【秦 基博の選りすぐりの楽曲を、女性の“ふわり”優しい歌声で、軽やかにボサノヴァ・カバーした作品集!】

2006年のデビュー以来、“鋼と硝子で出来た声”と称される、力強さと繊細さを併せ持つ歌声を遺憾なく発揮した圧倒的な歌唱力とライブパフォーマンスで、オーディエンスを魅了し続ける秦 基博。また、新世代シンガー・ソング・ライターの代表格として、耳に残るポップで温かい優しいメロディー、そして温度感や空気感がじわっと伝わり、情景が思い浮かぶ抒情性豊かなその歌詞世界からなる、“歌”の名曲の数々を世に送り出し続けている秦 基博。5月29日にリリースしたニュー・シングル「言ノ葉」(新海 誠 監督の劇場アニメーション『言の葉の庭』イメージソング)も絶好調で、最新のオリコンCDシングル週間ランキング(2013年06月10日付)でも、初登場11位を記録したばかり!

そんな秦 基博の、選りすぐりの胸キュン・ソングを、女性ア―ティストの“ふわり”優しい歌声で、軽やかにボサノヴァ・カヴァーした初のカヴァー・アルバム、題して『秦キュンBossa』が7/24(水)に1,800円のお買い得プライスでCD発売決定!胸キュンすること間違いなし、胸キュンすること秦の如し。

秦 基博の“歌”の世界感を表現できるのは、シンガー・ソングライターである秦 基博自身のみ。その難易度の高さから、今まで秦 基博の“歌”がカヴァーされた事があるのは、ハワイのネイサン・アヴェアウがハワイ語でカヴァーしたり、BIGBANGのボーカリスト“D-LITE(ディライト)”が日本語でカヴァーした「アイ」のみ。

そんな難易度高しの秦 基博の“歌”の数々を、オリジナル・アレンジではなく、女性の“ふわり”優しい歌声で、軽やかにゆる~くボサノヴァ・カヴァーしたこの『秦キュンBossa』。あくまでライト感覚で、心地よい優しい風のように、“ふわり”奏でられる秦 基博の名曲の数々。選曲も、シングル曲だけに拘らず、ボサノヴァ調に合う、意外性溢れる、思わずニヤリの選曲となっており、秦 基博のファンの方にはもちろん、ファン以外のみなさんにも是非聴いてもらいたいアルバムとなっている。秦 基博の素晴らしすぎる楽曲を、心地よい優しい風のように、女性の優しい歌声で“ふわり”ボサノヴァ・カヴァーしたアルバム『秦キュンBossa』。カフェでも、街の中でも、海や山や草原でも、そして部屋の中でも“ふわり”とした優しい気持ちになれるこのアルバムは、現在、鋭意レコーディング中で、その完成が楽しみなところである。

【作品情報】
■カヴァー・アルバム『秦キュンBossa』(読み方:はたキュン・ボッサ)by Various Artists
【初回限定デジパック仕様】CD: WPCL-11511 お買い得プライス¥1,714(本体)+税
2013年7月24日(水)発売

【作品概要】

★秦 基博の胸キュン・ソングを優しいボッサの風で奏でたら
  • 秦 基博の選りすぐりの楽曲を、女性の“ふわり”優しい歌声で、軽やかにボサノヴァ・カバーした作品集!
  • デビュー以来、幅広い層に受け入れられる”歌”を世に送り出し続けている新世代シンガー・ソング・ライターの代表格:秦 基博。耳に残るポップで温かい優しいメロディー、そして温度感や空気感がじわっと伝わり、情景が思い浮かぶ抒情性豊かなその歌詞世界。
  • 秦 基博がこれまで発表してきた中から、選りすぐりの胸キュン・ソングを、女性ア―ティストの“ふわり”優しい歌声で、軽やかにボサノヴァ・カヴァーした初のカヴァー・アルバム!

≪収録予定曲≫
  • 鱗(うろこ)【2nd シングル】
  • 虹が消えた日【5thシングル】
  • 花咲きポプラ
  • Girl
  • シンクロ 【1stシングル】
  • フォーエバーソング【6thシングル】
  • アゼリアと放課後
  • アイ【9thシングル】
  • 1/365
  • キミ、メグル、ボク【4thシングル】
  • グッバイ・アイザック 【14thシングル】
  • 今日もきっと
*秦 基博の歌唱作品ではございません。

【秦 基博プロフィール】
  • 2006年11月「シンクロ」でデビュー。透明かつ繊細でありながら力強さを併せ持つ歌声は“鋼と硝子で出来た声”と称され、圧倒的な歌の表現力と日常を切り取った抒情豊かなソングライティングとライブパフォーマンスで話題を集めている。
  • 2007年9月に発表した1stフルアルバム「コントラスト」(デビュー・シングル「シンクロ」&ヒット・シングル「鱗(うろこ)」収録)がチャート・トップ5入りを記録し、ブレイク。2008年には「キミ、メグル、ボク」「虹が消えた日」「フォーエバーソング」といったヒットシングルを続けてリリースし、2ndアルバム「ALRIGHT」発売後の全国ツアーから2009年3月に行われた日本武道館公演、そして5月から7月にかけて行われた弾き語りツアーのチケットすべてを即日ソールドアウト!
  • 2010年はシングル「アイ」がロングヒット、3rdアルバム「Documentary」を携えたツアーは全国24都市/26公演を数え、5万人の動員を記録。
  • 2011年にデビュー5周年を迎え、11月に大阪城ホールや日本武道館でのアリーナ連続公演を大成功に収めただけでなく、その僅か1ケ月後の12月には、自身3度目となる日本武道館を全編弾き語りで行い、話題を呼ぶ。
  • 2012年には、スペシャルプロジェクト≪秦 基博 meets 坂道のアポロン≫名義でフジテレビ“ノイタミナ”アニメ「坂道のアポロン」エンディング・テーマも手掛ける。
  • 2013年は1月に自身初のダブルタイトル シングル「初恋/グッバイ・アイザック」と通算4作目となるオリジナル・アルバム「Signed POP」を連続リリース。4thアルバム「Signed POP」は緩急自在のポップセンスと独自の視点で描かれた詞世界、そして表情に富む柔らかなボーカリゼーションが見事に結実した一枚となり高く評価され、オリコンALランキング初登場3位、iTunesのJ-POPトップアルバム(リアルタイム)では1位を記録するなど好スタートを切った。現在、同アルバムを携えた自己最長となる29都市31公演の全国ツアー「HATA MOTOHIRO“Signed POP”TOUR 2013」(2/20 千葉県文化会館 大ホール~6/10 札幌・ニトリ文化ホール)を開催している中、5月29日には、ニュー・シングル「言ノ葉」(新海 誠 監督の劇場アニメーション『言の葉の庭』イメージソング)をリリースし大ヒット中!
  • アルバムは全4作連続オリコンTOP10入りで、3rdアルバム『Documentary』や最新4thアルバム「Signed POP」はTOP3入り!幅広い世代からの支持を受ける、今最も注目を集めるシンガーソングライター。
秦 基博 Official Web Site - Office Augusta:http://www.office-augusta.com/hata/
秦 基博 Facebook:https://www.facebook.com/hata.official
秦 基博とスタッフ (hata_official) on Twitter :https://twitter.com/hata_official
  • Album

秦キュンBossa

秦 基博の胸キュン・ソングを優しいボッサの風で奏でたら

2013/07/24 発売/¥1,714+税/WPCL-11511

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS