映画「君の膵臓をたべたい」オリジナル・サウンドトラック(O.S.T)

Discography

映画「君の膵臓をたべたい」オリジナル・サウンドトラック

映画「君の膵臓をたべたい」オリジナル・サウンドトラック

  • Album
  • PC配信

2017.07.26 発売JPY2600¥2,600+税/WPCS-13686

2017年、最も心に響く感動作 映画「君の膵臓をたべたい」オリジナル・サウンドトラック
原作小説は80万部突破のベストセラー、この夏もっとも泣ける作品と呼び声の高い映画「君の膵臓をたべたい」の劇中音楽を集めたオリジナル・サウンドトラック(2017年7月28日全国公開)

音楽は「ビフォー・アフター」テーマ曲、「いま、会いにゆきます」など多くのヒットインストを手掛ける松谷卓。
追加編曲は、原田知世のプロデュースでも知られる伊藤ゴロー。
映画「君の膵臓をたべたい」
出演 浜辺美波 北村匠海 / 北川景子 小栗旬
監督 月川翔

<Introduction>
ラスト、きっとこのタイトルに涙する―
刺激的なタイトルからは想像も出来ない物語の美しさと展開に、若い女性層を中心に“泣ける小説”として口コミが広がり、2016年本屋大賞第2位、Yahoo!検索大賞2016小説部門賞受賞など、瞬く間にベストセラー小説となった「君の膵臓をたべたい」がこの夏、遂に実写映画化します。重い膵臓の病を患うヒロイン・山内桜良に浜辺美波。桜良の病気を唯一知ることになるクラスメイトの(僕)役には北村匠海。これからの活動に目が離せないフレッシュな2人が、儚くも美しい高校時代を瑞々しく演じます。さらに映画では、原作には無い12年後の≪現在≫が描かれ、≪過去≫と≪現在≫の2つの時間軸が交錯しながら物語が進んでいきます。そんな≪現在≫パートで教師となった(僕)に小栗旬、桜良の親友(恭子)を北川景子が演じ、物語を大きく揺り動かします。主題歌はMr.Childrenの新作「himawari」。心を揺さぶる情感溢れるメロディが感動のラストを彩ります。

誰もが想像出来ない結末と、タイトルに隠された本当の意味を知った時、あなたはきっと涙します――。
  • M-1

    扉の向こう

    M-2

    少女の残像

    M-3

    君の膵臓をたべたい-Prologue

    M-4

    日常の移ろい

    M-5

    クラスメイト

    M-6

    日曜11時

    M-7

    どんなひと?

    M-8

    楽しい時間

    M-9

    桜良の想い

    M-10

    招待状

    M-11

    お泊まり旅行

    M-12

    スイートルーム

    M-13

    真実か挑戦か

    M-14

    最後の質問

    M-15

    大切な人たちの中で

    M-16

    いけないこと

    M-17

    運命じゃない

    M-18

    不安

    M-19

    繋がる未来

    M-20

    約束

    M-21

    胸さわぎ

    M-22

    生きるという事

    M-23

    願い

    M-24

    【僕】の想い

    M-25

    喪失の日々

    M-26

    共病文庫

    M-27

    宝探し

    M-28

    恭子の元へ

    M-29

    遺書

    M-30

    君の膵臓をたべたい-Epilogue

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS