KSUKE

Profile

世界のトップスター級DJのみが登壇を許される夢の舞台 ”ULTRA MUSIC FESTIVAL”への世界各国出演。
ナイトクラブの聖地ラスベガスに君臨する世界最高峰のブース、XS NightClub、Light NightClub、HAKKASANの三峰に登壇しフロアを完膚無きまでロックした快挙と名誉。

そんな、これまで日本人DJの誰もが成し得なかった記録的ニュースを日々叩き出し、オーディエンスの注目を一心に集めている国境無き日本人DJ、それがKSUKEである。
かつてないニュースの連発で人々を魅了するエキサイティングなDJの出現に、その話題性は海を越え、近年は特にアジア圏での爆発的人気を獲得している。

2016年。DJMAG JAPANによる初のDJランキング実施において、KSUKEは堂々の総合1位を獲得。この結果は、国内外の一般ユーザーから募った投票数はもとより、海外での活動、リリース実績など、多角的な要素を加味した総合点でもたらされている。まさにKSUKEがここ数年、世界を相手に活躍の場を広げ、その手で積み上げてきたDJとしての実績が認められた結果となったのだった。

また、そのカリスマ性からKSUKEはファッショニスタとしても注目を集めている。2016年9月、ファッションの祭典「VOGUE FASHION'S NIGHT OUT 2016」では唯一の男性アイコンとして異例の選抜をうけ登壇。当日その模様はメディアでも注目を集めた。

肝心の音楽プロデューサーとしては無論、着々と実績を更新している。
2015年3月に Warner Music JapanのInternationalと専属契約。
以来、自身のオリジナル作品としては、1st アルバム、EPをワールドワイド・リリース。リミックス楽曲としてはMajor Lazerの世界的ヒット曲「Lean On」を始め、国内ではMAN WITH A MISSION、平井堅、CROSS FAITH、清水翔太、チームしゃちほこなど、バンドからアイドルまでを幅広く手掛けている。それらの楽曲は常にことごとく高いレビューを獲得しているのだ。
中でも近年特に注目を集めたオリジナル楽曲「BREATHE AGAIN」では、韓国の人気グループ f(x)のAmber をゲストVocalに迎え、Youtube再生回数が1ヶ月で100万Viewを突破。アジア圏での人気を更に太くする一撃となったのだった。

日本人として、アジア人として。
今最も胸を躍らせてくれるKSUKEの活躍から目が離せない。

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS