Selah Sue セラ・スー

Profile

ベルギーの小さな町で生まれ育ち、将来はバレリーナになることを夢見ていた普通の女の子だったセラ・スー。高校に通うようになり、心配ごとや塞いだ気持ちを全部書き出した自作の音楽を、自宅や友人の家でレコーディングし、MySpaceに投稿していた。すると何千人ものファンが、インターネットを通して反応を示し、プロフェッショナルなミュージシャンたちが注目を寄せ、さらにBecause Musicの興味を惹き、やがてこの若いミュージシャンのレコード契約へと繋がっていった。
彼女の才能をいち早く認めたミュージシャンとして、ドイツを中心に活動するDJ/プロデューサーのFarhotと、ドイツのソウル系シンガーのPatriceの二人が彼女のアルバムのプロデュースをかってでた。またミシェル・ンデゲオチェロも1曲をプロデュース。シーロー・グリーンは彼女とのデュエットを自らのアルバムにも収録し、そしてあのプリンスは、2010年秋の、ベルギーのアントワープ公演でのサポートをオファーするまでに至るのであった。
そうして2011年、野心的なデビュー・アルバムが完成した。エレクトリック・ロック、ヒップホップ、そしてソウル・ファンクがスマートに混ざり合った坩堝のようである。アルバムに収録されている12曲は、「Mommy」のように強く心に訴えるようなバラードから、「Crazy Vibes」のようにより幅広いスタイルを取り入れた曲まで広く取り入れている。Janelle Monae、M.I.A.そしてAloe Blaccのように、セラ・スーはジャンルを超越した音楽を作る新しい世代に属するのである。

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS