Sturgill Simpson スタージル・シンプソン

Discography

A Sailor's Guide to Earth / ア・セイラーズ・ガイド・トゥ・アース

A Sailor's Guide to Earth / ア・セイラーズ・ガイド・トゥ・アース

  • Album
  • PC配信

2017.02.08 発売JPY2200¥2,200+税/WPCR-17671

2017年のアメリカ音楽界を背負うのはこの漢(オトコ)だ!
‘スタージル・シンプソン’メジャー・デビュー作にして全世界大ヒットアルバム!

第59回グラミー賞≪年間最優秀アルバム / 最優秀カントリー・アルバム≫2部門ノミネート作品

第一子への手紙という形で綴られたアルバムは、もはやカントリーの枠を超え、アメリカン・ミュージックという大きな海へと漕ぎ出し、新たな地平へと到達した――。

2014年夏に生まれたSturgillの子供に宛てた手紙として書かれた曲を収録した作品である。アルバムにはSturgillのオリジナル8曲と、Nirvanaの「In Bloom」のカヴァーを収録した全9曲。レコーディングの大半はナッシュヴィルのThe Butcher Shoppeで行われ、プロデュースはSturgill本人、そしてエンジニアとしてJohnny Cash、John Prineなどを手掛けたDavid Ferguson、アシスタント・エンジニアとしてSean Sullivanが参加。

またレコーディングでSturgill のバックを務めるのは、彼のツアー・バンドの他、Dave Roe (bass)、Dan Dugmore(Steel Guitar)、Dougie Wilkinson (Bagpipe)、Garo YellinとArthur Cook(Cello)、Jonathan DinklageとWhitney LaGrange(Violin)といった面々。さらにはThe Dap-Kingsがスペシャル・ゲストとしてフィーチャーされている。

シングル「Brace For Impact (Live a Little)」ミュージック・ビデオは、R.E.M の「Orange Crush」やPeter Gabrielの「Red Rain」、U2の「Love Is Blindness」のミュージック・ビデオや、Tracy Chapmanの『TRACY CHAPMAN』やMUSEの『DRONES』などのアートワークの写真などで知られるMatt Mahurinが手掛けたことでも大きな話題になった。

  • M-1

    Welcome To Earth(Pollywog) / ウェルカム・トゥ・アース(ポリワーグ)

    M-2

    Breakers Roar / ブレイカーズ・ロアー

    M-3

    Keep It Between The Lines / キープ・イット・ビトウィーン・ザ・ラインズ

    M-4

    Sea Stories / シー・ストーリーズ

    M-5

    In Bloom / イン・ブルーム

    M-6

    Brace For Impact(Live A Little) / ブレース・フォー・インパクト(リヴ・ア・リトル)

    M-7

    All Around You / オール・アラウンド・ユー

    M-8

    Oh Sarah / オー・サラ

    M-9

    Call To Arms / コール・トゥ・アームズ

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS