Tom Waits トム・ウェイツ

Discography

Small Change(Remastered) / スモール・チェンジ<2018リマスター>(紙ジャケット仕様)

Small Change(Remastered) / スモール・チェンジ<2018リマスター>(紙ジャケット仕様)

  • Album
  • PC配信

2018.06.13 発売JPY2000¥2,000+税/WPCR-18008

しがない人々の心情をユーモアに満ちた暖かい視線で語る、酔いどれの奇才、トム・ウェイツの初期7作品が新たなリマスター音源となってAnti- Recordsより再リリース決定!
初のライヴ・レコーディング作品の後、よりブルージーに、そしてよりジャジーなサウンドを表現し、彼にとって初の全米トップ100入りした作品となった、1976年発表のアルバム『SMALL CHANGE』。
【SMALL CHANGE(邦題: スモール・チェンジ)】 (1976年作品)
トム・ウェイツの初期作品の中でもマスターピースとして知られるこの『SMALL CHANGE』は1976年に発表された。伝説的ジャズ・ドラマー、シェリー・マンをフィーチャーし、オーケストラと共にライヴ・レコーディングが行われた今作は、トムの独特な世界観や天才的歌詞の世界観がクラシック・ジャズやティン・パン・アレー、スティーヴン・フォスターといったフィルターを通して描かれている。心に響く、ヴィヴィッドな音像がたまらない「Step Right Up」や「I Wish I Was in New Orleans」、「The Piano Has Been Drinking」といった名曲、そして彼の代表曲の一つでもある「Tom Traubert's Blues」が収録されている。彼にとって初の全米Top 100入りを果たした作品(89位)であり、以降のソングライターに大きな影響を与えた作品でもある。
  • M-1

    Tom Traubert's Blues(Four Sheets To The Wind In Copenhagen) / トム・トラバーツ・ブルース

    M-2

    Step Right Up / ステップ・ライト・アップ

    M-3

    Jitterbug Boy(Sharing A Curbstone With Chuck E. Weiss, Robert Marchese, Paul Body and The Mug and Artie) / のってる奴

    M-4

    I Wish I Was In New Orleans(In The Ninth Ward) / 想い出のニューオリンズ

    M-5

    The Piano Has Been Drinking(Not Me) [An Evening With Pete King] / ピアノが酔っちまった

    M-6

    Invitation To The Blues / ブルースへようこそ

    M-7

    Pasties And A G-String(At The Two O'Clock Club) / ペイスティとGストリング

    M-8

    Bad Liver And A Broken Heart(In Lowell) / 身も心も疲れはてて

    M-9

    The One That Got Away / ザ・ワン・ザット・ゴット・アウェイ

    M-10

    Small Change(Got Rained On With His Own .38) / スモール・チェンジ

    M-11

    I Can't Wait To Get Off Work(And See My Baby On Montgomery Avenue) / 仕事が終わるまで待てないよ

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS