VAN HALEN ヴァン・ヘイレン

Profile

78年、衝撃のファースト・アルバム『炎の導火線』でデビュー。ライト・ハンド奏法と誰もが度肝を抜かれた、ギターの革命児/エドワード・ヴァン・ヘイレンの早引きギター・プレイと“ダイアモンド・デイヴ”こと、デイヴィッド・リー・ロスのとびきり豪快で破天荒なパフォーマンスはロック・シーンに大革命をもたらした。
「ジャンプ」、「パナマ」、「ホット・フォー・ティーチャー」など数々の大ヒットを記録したのち、85年、デイヴがバンドを脱退しソロ活動を開始する、翌年、サミー・ヘイガーを新ヴォーカルに迎え新たなスタートを切り、「ホワイ・キャント・ディス・ビー・ラヴ」、「ドリームス」、「ホエン・イッツ・ラヴ」、「パウンドケーキ」、「ライト・ナウ・ライト・ヒア」、「キャント・ストップ・ラヴィン・ユー」など続々と大ヒット・シングルを生み出す。
そして96年、スピルバーグ製作総指揮の映画『ツイスター』のテーマ・ソング「ヒューマンズ・ビーイング」をリリースし、ナンバー1・アメリカン・ロック・バンドとしての存在を強力にアピールしたのだった。
そして、その直後の6月28日突如、世界中を駆け巡ったサミー・ヘイガー脱退のニュース、そして公認ヴォーカリストが決定しない状況下で、なんと初代ヴォーカリストであるデイヴィッド・リー・ロスが一時復帰し、96年発表の『グレイテスト・ヒッツ』(BEST OF VOLUME 1)の為に新曲をレコーディングした。
その後、エクストリームのゲイリー・シェローンをヴォーカリストに迎え、第三期ヴァン・ヘイレンとし98年『ヴァン・ヘイレン?』をリリースするが、ゲイリーは直後脱退。
またもやデヴィッド・リー・ロス復帰の話題が持ち上がるものの、バンドはエディの病気を理由に活動を一時中断する事となる。
そして2004年、ニュー・トラック3曲含む、待望の編成によるコンプリート・ベストがリリースされた。

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS