Werner Muller and His Orchestra ウェルナー・ミューラー・オーケストラ

Profile

ドイツ人指揮者ウェルナー・ミューラー(1920-1998)は、1943年にヘルムート・ツァハリアス楽団へ入団、1946年にはクルト・ヴァイマン楽団にてトロンボーン奏者として活動した後、1948年にベルリン・RIAS放送局に招かれ専属オーケストラの指揮者となる。ラジオ局専属オーケストラでは数多くの楽器をこなすマルチな才能が発揮され、数々のダンス、ラテンミュージックを演奏し、ドイツ国内でも人気の指揮者となる。1954年にはリカルド・サントスという別名でラテン・ムード系を中心とした活発な演奏活動を行い、ドイツ以外の世界各国でも名声を得る。日本にも度々来日。ウェルナー・ミューラー・オーケストラで録音した楽曲「ペピート」は、テレビ関西のバラエティ番組『よーいドン!』の人気コーナー「となりの人間国宝さん」テーマ曲として使用され、内容とマッチした陽気な曲調が話題となり関西地区では隠れた有名曲となっていたが、2010年にデジタル配信としてリリース。

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS