yonige

News

yonigeが歌う、au“三太郎シリーズ”のTVCMソング 『笑おう』のフルバージョンMVが本日公開! さらに、au「うたパス」および「Music Store」にて 『笑おう』フルver.の限定配信がスタート!

  • 配信

2018.1.26

大阪寝屋川発のロックバンド、yonigeが歌う、au“三太郎シリーズ”のTVCMソング『笑おう』フルバージョンのミュージックビデオが、au公式YouTubeチャンネルで公開された。

■yonige『笑おう』フルバージョン ミュージックビデオ
[YouTube]

https://youtu.be/RrAr388jvC0

[YouTube公式チャンネル] http://www.youtube.com/user/aubyKDDIofficial

『笑おう』は、2017年12月31日(日)より全国で放映されている、au“三太郎シリーズ”「笑おう」篇のTVCMソングとして起用されており、アーティストクレジットが公開されていないCM放映開始当初から大きな反響を呼んでいた。au公式YouTubeチャンネルで公開されている同CMの再生回数も4週間で既に320万回を突破するなど、その勢いは止まらない。




yonigeが編曲そして歌唱を担当したCMソング『笑おう』は、誰もが知っているアメリカ民謡「聖者の行進」をロックにアレンジした楽曲。フルバージョンの歌詞もCM同様に、これまでAI「みんながみんな英雄」や、WANIMA「やってみよう」などを手掛けた篠原誠が担当。yonigeが鳴らすバンドサウンドに乗せて、CMの「笑おう」をイメージしたポジティブな世界観が2018年を笑顔にします!




[CMプランナー 篠原誠 コメント]
「聖者の行進」が、どんな風にアレンジされるのか。初めてデモを聞いた時、そんな想像は意味をなさないものになっていました。yonigeさんによって全く新しい、そして、はるかに期待を超える曲になっていたからです。この歌詞を書いた時、あまりにもポジティブすぎて、都合良すぎるからこそ、単なる「笑おう」と言う言葉が、虚しく聞こえるのではないかと心配していました。ところが、その歌声と曲によって、とても繊細でエモーショナルな部分が付加されて、「笑おう」と言う言葉に喜怒哀楽が含まれているかのように、仕上げていただけました。また、歌の途中にある、少し弱音を吐きたくなるような歌詞の部分を聞いた時に鳥肌が立ちました。まさにyonigeさんでしか創れない歌えない奏でられない歌だと思います。


[yonige 牛丸ありさ(Vo/Gt)]
人が書いた詞を歌うのは初めて、詞から曲を作るのも初めてで、新しい経験をいっぱいさせてもらえました。スケジュールがかつかつで精神的に追い込まれていたので、ボーカル録りをしている時にこの詞に励まされました(笑)今年は小難しいことを考えずに、全部笑い飛ばしたいです。



ミュージックビデオでは、yonigeの歌う『笑おう』にのせて、これまでに放送された三太郎CMシリーズの様々なシーンが展開される。始まりの、三太郎ファミリーが“福笑い”で大爆笑するシーンは「笑おう」という印象的な歌詞がぴったりの一コマ。寺子屋で挨拶する三太郎や、勉強に熱が入る浦島太郎、部活動の先頭でヲタ芸を踊る金太郎など、それぞれ自分らしく活躍しているシーンが流れていく。ポップな曲調から一転し、静かなメロディーで「笑いたくても笑えない、わかっちゃいるけど笑うなんてできなくて」と歌うと、“三太郎音頭”の初舞台や、三太郎の日の告知のためリアカーを引いてビラ配りをするかつての三太郎たちが登場。更には、毎日お得な特典がもらえて喜んだり、“アイ”に翻弄されたりと、様々な思い出が展開される。三人で円陣を組み、空にガッツポーズを決める三太郎の姿は、「一つだけでもいいこと見つけたら、手のひらに強く握って、空見上げよう」という歌詞と共に、ポジティブに生きる三太郎の様子を表しているかのよう。「きみの手、ぼくの手」という歌詞では、金太郎と織姫の餅つき、かぐや姫の握手会、お菓子を巡ってのじゃんけんなど、それぞれの“手”が印象的なシーンが展開。金太郎が発案したダンスにノリノリの織姫と浦島太郎の様子を「ぎゅっと握って声合わせ」と歌う。最後にはゲームや福笑いをして大笑いする三太郎ファミリーを「一緒に笑おう」とyonigeが歌い上げる。是非ご覧ください!


また、本日より、auの音楽サービス「うたパス」にて『笑おう』フルバージョンの限定配信がスタート!さらに、2月の「三太郎の日」特典として、2018年2月3日からauの音楽サービス「Music Store」にて、auのお客さまは無料でダウンロードができる。
詳しくは以下をご覧ください。

auの音楽サービス「うたパス」にてauのお客さま向けに、「笑おう」フルバージョンを1月26日(金)から2月28日(水)までの期間限定で「笑おう」専用チャンネルで配信します。
<楽曲配信概要>
■配信期間:2018年1月26日(金)10:00~2018年2月28日(水)23:59
■対象:「うたパス」会員のお客さま

※ストリーミング視聴のため楽曲ダウンロードはできません。
■視聴方法 :下記サービスより視聴可能です。
・「うたパス」 http://au.utapass.jp/
auの聴き放題音楽配信サービス「うたパス」は、月額300円(税抜)で最新のJ-POPからアニメソング・カラオケ定番曲まで4,000以上の多彩なチャンネルが聴き放題となる音楽アプリです。
また、「App Store」から「うたパス」アプリをダウンロードし、会員登録することで、auをご利用のお客さま以外の方でも月額360円(税込)でご利用できます。
※「うたパス」の聴き放題のチャンネルを30秒以上再生するには月額プランに加入する必要があります。
※フィルタリングサービスをご利用の方は、設定などにより「うたパス」がご利用いただけない場合があります。

【 『三太郎の日』 について】
「三太郎の日」では、「auユーザーだけが、もらえる、トクする、うれしい日」をコンセプトに毎月3日、13日、23日の3のつく日に、 au STARやauスマートパスに加入いただいているお客さまに、よりauを楽しくおトクにご利用いただける特典や、さまざまな企業とコラボレーションした特典などを月替りでプレゼントします。
2月の「三太郎の日」は、「笑おう」フルバージョンを、auの音楽サービス「Music Store」にて期間限定で無料にてダウンロードいただけます。また、対象のau STAR会員のお客さま(注1)に、3日、13日、23日の最大3回、ミスタードーナツでご利用いただける216円分電子ギフトチケットをプレゼント(注2)します。
(注1)スマートフォン、もしくは4G LTEケータイをご利用のお客さまが対象です(mamorino4、mamorino watchを除きます)。3Gケータイをご利用のお客さまは対象外となります。
(注2)お買い上げ総額から電子ギフトチケットに記載の金額をお値引きします。電子ギフトチケットはドーナツ以外の商品にもご利用いただけます。電子ギフトチケットは2/3、2/13、2/23の全国のミスタードーナツにて、5:00~23:59の間で各店舗の営業時間内でご利用いただけます。電子ギフトチケットは事前にお送りするSMS(Cメール)、および上記ホームページから発行可能です。

<楽曲配信概要>
■配信期間:2018年2月3日(土)、2月13日(火)、2月23日(金) 各日0:00から23:59
■対象:auスマートフォンをご利用のお客さま

※auケータイをご利用のお客さまは専用のダウンロードサイトより無料でダウンロード
※楽曲ダウンロードには、au STAR会員への登録が必要になります。
■視聴方法:下記サービスより視聴可能です。
・「Music Store」 https://musicstore.auone.jp/ (スマートフォンからアクセス) 
シングル/着うた(R)/アルバム/ビデオ(PV)/ハイレゾ等、国内最大級 約900 万曲を取り揃えたKDDIのスマートフォン向け音楽ストアです。楽曲の購入には、会員登録などの手続きをせずにauの通話料金と合算してお支払いが可能な「auかんたん決済」をご利用いただけるとともに、auWALLETポイントやうたコインによる楽曲購入も可能です。
※楽曲のダウンロードには別途通信料がかかりますが、ダウンロードされた楽曲の再生には通信料がかかりません。
  • Single

笑おう

auの音楽サービス「うたパス」にてauのお客さま向けに、「笑おう」フルバージョンを1月26日(金)から2月28日(水)までの期間限定で「笑おう」専用チャンネルで配信!

<楽曲配信概要>
■配信期間:2018年1月26日(金)10:00~2018年2月28日(水)23:59
■対象:「うたパス」会員のお客さま
※ストリーミング視聴のため楽曲ダウンロードはできません。
■視聴方法 :下記サービスより視聴可能です。
「うたパス」


<楽曲配信概要>
■配信期間:2018年2月3日(土)、2月13日(火)、2月23日(金) 各日0:00から23:59
■対象:auスマートフォンをご利用のお客さま
※auケータイをご利用のお客さまは専用のダウンロードサイトより無料でダウンロード
※楽曲ダウンロードには、au STAR会員への登録が必要になります。
■視聴方法:下記サービスより視聴可能です。
「Music Store」(スマートフォンからアクセス)

2018/01/26 配信/-

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS