Ashアッシュ

Profile

1992年、北アイルランドのダウンパトリックで結成。
当時15歳で同級生だったティム・ウィーラー (Vo. G.) とマーク・ハミルトン (B.) の2人が
一級上のリック・マックマーレイ (D.) を誘いASHを結成。

それから一年足らずのうちに出したデビュー・ミニ・アルバム 「トレイラー」 はすぐさま全英批評家達を熱狂させ、 さらにその一年後にリリースしたASH初期のクラシック・ナンバー 「ガール・フロム・マーズ」 ではBBCラジオ1を乗っ取り 「ケラング」 誌 (メタル、ハード・ロック専門誌) から 「スマッシュ・ヒッツ」誌 (ロック/ポップ/アイドル網羅誌) にいたるまでの あらゆる雑誌の表紙を独占することになる。

1996年デビュー・アルバム 『1977』 をリリース。いきなり全英アルバム・チャートNo.1を獲得。
「ゴールドフィンガー」 や 「カンフー」 等を収録したこのアルバムで、彼らは無垢に煌めき疾走する ”ティーンエイジ” をポップで彩どり、 溢れ出る恐ろしいほどの才能を10代にして完璧なまでに披露した。

1997年、4人目のメンバー且つ紅一点となる18歳シャーロット・ハザリー (G.) を迎えアッシュのセカンド・ステージが始まる。
1998年 『ニュークリア・サウンズ』 リリース。より重くより厚みを増したサウンドで再びシーンに戻ってくる。
本国イギリスですぐさまゴールド・ディスクに輝き、更にこれをフォローする全英ツアーもソールド・アウトを記録、人気が決定的なものとなる。

2001年、2年ぶりとなるシングル 「シャイニング・ライト」 が初登場でチャートのトップ1010入りを果たし、 3rdアルバム 『フリー・オール・エンジェルズ』 は5月にリリースされ、待望のUKチャート1位の座に輝く。 プラチナム・セールスを記録したこのアルバムはからは 「サムタイムス」 と 「キャンディー」 という2枚のヒット・シングルが生まれた他、 Qマガジンは 「バーン・ベイビー・バーン」 を年間最優秀シングルに選んだ。

2004年、4thアルバム 『メルトダウン』 からのファースト・シングル 「クローンズ」 が配信限定でリリースされる。 続くシングル 「オルフェウス」 はUKのラジオで大ヒットし、シングル・チャートで初登場15位を記録。 アルバム 『メルトダウン』 はアルバム・チャートの5位で初登場し、即座にゴールド・ディスクに認定される。

2006年2月、9年もの間共に活動してきたシャーロット・ハザレイが脱退し、再びスリー・ピースに再び戻り、
2007年に5thアルバム 『トワイライト・オブ・ジ・イノセンツ』 を発表。
アルバムからのファースト・シングル 「ユー・キャント・ハヴ・イット・オール」 はチャートの16位を記録し、
続く壮大なバラードの 「ポラリス」 もトップ40入りを果たし、バンドは一時活動休止を発表した。

2008年に、バンドはロンドンのラウンドハウスで 『1997』 の再現ライヴを2回行い復活、
現在は精力的にツアーやフェス出演を果たしている。

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS