Estelleエステル

Profile

ウェスト・ロンドン出身のシンガー/ラッパーであるエステルは、2004年にアルバム 『The 18th Day』 でデビュー。
UKを中心に高い評価を得たこの作品で見事MOBOアワード新人賞を受賞。
L.A.で偶然遭遇したカニエ・ウェストに自らアプローチし、彼に紹介してもらったというジョン・レジェンドに認められ、
ジョンがATLANTIC傘下に設立したレーベル 「Home School」 の第1弾アーティストとして契約。

そして2008年、ジョン・レジェンドをはじめ、カニエ・ウェスト、ウィル・アイ・アム、マーク・ロンソン、ワイクリフ・ジョンなど、
錚々たる大物たちがバックアップした2ndアルバム 『シャイン』 をリリース。
カニエをゲストに迎えたシングル 「アメリカン・ボーイ」 は全英チャートにおいて配信だけで1位に輝いた史上3曲目 (当時) の曲となり、結果5週連続1位というメガヒットに。 全米でも最高9位というヒットとなったこの曲は、翌年の第52回グラミー賞で 「最優秀楽曲賞」 と 「最優秀ラップ・コラボレーション賞」 の2部門にノミネートされ、見事後者で初のグラミー賞を受賞。

ヒップホップ・ソウル・レゲエ・ポップ・ロック・エレクトロ・ファンク等を縦横無尽に横断するサウンドに加え、 独特の素晴らしい ”声” で歌だけでなくラップも軽々とこなすエステルは、 天賦の才能を持つ “次世代ソウル・ディーヴァ” として確固たるポジションを築いている稀代のアーティストである。

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS