Jewelジュエル

News

31歳のひとりの女性としての正直な気持ちが凝縮された名作が完成!!

2006.4.24

これが真実(ほんとう)の私。
現代の実力派女性シンガー・ソング・ライターの最高峰:ジュエルの、約3年ぶり通算5作目のオリジナル・ニュー・アルバムが遂に完成しました!
前作『0304(読み:“オー・スリー・オー・フォー”⇒’03年にリリースする4枚目のアルバムという意味だったそうです)』では、楽曲・ビジュアルともにある意味大胆な変化(一言で言えばダンサブル&セクシー)を遂げ、賛否両論のセンセーションを巻き起こしました。全米では史上初の2位デビューと大歓迎の声もあった反面、デビュー時からのジュエルのファンやシンパの方にとっては、「これがあのジュエル?」という声もあったのも事実です。
今作『グッバイ・アリス・イン・ワンダーランド』は、アルバム発売の3ケ月も前から発表されたセット・アップ・トラックのタイトル曲「グッバイ・アリス・イン・ワンダーランド」を聞いた方からは絶大な賛辞が寄せられているように、アコースティックを基調とした、誰もが愛する“ジュエル・スタイル”になっているようです。それは、オフィシャル1stシングルとして、アメリカのラジオ・チャートを急上昇中の「アゲイン・アンド・アゲイン」も同様。
でも、単純に昔に“戻った”だけのアルバムでは決してありません。ジュエルいわく、「周りの人がびっくりするくらい、正直で洗いざらい私の気持ちが入った自伝的なアルバムよ。」 現在31歳で、『心のかけら』(米:1995、日本:1996)でデビュー以来10年を超えたジュエル。彼女の言葉を借りれば、
「私は31歳。 まだ終わりじゃない。だけど、もちろんスタート地点でもない。」
彼女のこれまでの、そしてこれからのキャリアの中で、今作が最重要作であることは間違いありません。

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS