Jewelジュエル

News

最新作のプロデューサー、ロブ・カヴァロについて語る。

2006.5.23

ビルボードのアルバム・チャートで初登場8位という上位デビューを果たした5thアルバム『グッバイ・アリス・イン・ワンダーランド』が絶好調なジュエル。これでまた全オリジナル・アルバムが、ビルボードのアルバム・チャートでトップ10入りし続けていることになります。
さて、アルバムごとにプロデューサーが変わっているジュエル【1st「心のかけら」:ベン・キース[ニール・ヤング]、2nd「スピリット」:パトリック・レナード】[マドンナ]、3rd「ディス・ウェイ」:ダン・ホフ[フェイス・ヒル]&ジュエル、4th「0304」:レスター・A.メンデス[サンタナ]&ジュエル】。果たして今作は、グリーン・デイやグー・グー・ドールズのプロデュースで知られるロブ・カヴァロとジュエル自身との共同プロデュースとなりました。
最初は、オーヴァー・プロデュースになるのが嫌でジュエル一人でプロデュースをし、アルバムも完成したらしいのですが、音楽業界の友人の大推薦でロブ・カヴァロを紹介してもらったとのこと。初対面だったらしく、ジュエルから見たロブの第一印象は「あまり仕切ろうとしない人」で、最初は戸惑ったらしいのですが、実際にはジュエルのやりたい事を100%理解し、それを引き出してくれたといっています。
「彼は本当に才能がある人で、脳がずっと働き続けているの」
と今ではべたぼめですが、唯一合わなかったのはどうやら、時間感覚(!?)。几帳面で絶対時間には遅れないジュエルに対し、ジュエル曰く“自由人"のロブ・カヴァロは遅刻魔だったらしいです。
さて、今週からいよいよもう一人の才能ある“ロブ"こと、ロブ・トーマスとのジョイント・ツアーが5/23のフロリダ州Cleawater公演から始まります!
歌を何よりも大事にする二人だけに、どんな迫真のライヴを見せてくれるか本当に楽しみですね。

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS