葵-168-

News

葵-168-の新曲「必要惡」の舞台裏に迫る

2013.11.12

葵-168-は2014年1月15日(水)に新曲「必要惡」を発売する。
衝撃的なタイトルの今作、作曲を手がけたのは、かの後藤次利氏であった。

「必要惡」制作の裏側には、葵を長きにわたり応援し続けてきた恩師でもあるプロデューサーの「死」という壮絶な舞台裏が存在する。
「今の葵の声を、次利のサウンドに乗せて表現してみたい!」
という亡き恩師の生前の想いのもと、恩師の知人でもある作曲家の後藤次利氏にコンタクトを取りリリースが実現した。

天高く燃ゆる炎を思わせるギターソロに始まる重厚なバンドサウンド。
映画のワンシーンでも観ているかのような壮大な音の世界に引き込まれたところに重なる葵の妖艶な声と歌詞。
繊細で官能的なメロディと狂気を秘めた葵の歌、さらには日本の音楽シーンを引率し続けるミュージシャンたちによる圧巻の演奏。そして「必要惡」という大胆な表題に示される詞の情景が絡み合って生まれた今作は現在の日本音楽界に新たなテーゼを示唆していく作品となった。

葵自身も「後藤さん節全開の艶やかなメロディと、今までの作品とはまた違ったアプローチの言葉たちで綴った歌詞、そしてボーカリゼーションを楽しみにしてほしい!」と、熱く語った。

また葵は「この世界に存在する”陰と陽(光と影)”のように悪があるから善がある。
僕らの日々にドラマがあるのは悪があるからこそ。がんじがらめな世の中であえてアンチテーゼとも言える「悪」をテーマに歌ったこの「必要惡」は新たな一面を表現できた作品だと思います。」と曲に込めた思いを語っている。
  • SINGLE
  • CD+DVD

必要惡(初回盤A)

2014.01.15 発売 ¥1,800+税/WPZL-30779/80

葵-168-必要惡(初回盤A)

  • SINGLE
  • CD+DVD

2014.01.15 発売 ¥1,800+税/WPZL-30779/80

もっと見る

葵が2014年最初に送り出す新曲のテーマは「必要惡」。 誰もが持っている光と影。そんな心の奥底に潜む人間の性を表現者として赤裸々に綴った衝撃作。

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク

Streaming

Apple Music で聴く
Spotify
  • SINGLE
  • CD

必要惡(初回盤B)

2014.01.15 発売 ¥1,500+税/WPCL-11699

葵-168-必要惡(初回盤B)

  • SINGLE
  • CD

2014.01.15 発売 ¥1,500+税/WPCL-11699

もっと見る

葵が2014年最初に送り出す新曲のテーマは「必要惡」。 誰もが持っている光と影。そんな心の奥底に潜む人間の性を表現者として赤裸々に綴った衝撃作。

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク

Streaming

Apple Music で聴く
Spotify
  • SINGLE
  • CD

必要惡(通常盤)

2014.01.15 発売 ¥1,200+税/WPCL-11700

葵-168-必要惡(通常盤)

  • SINGLE
  • CD

2014.01.15 発売 ¥1,200+税/WPCL-11700

もっと見る

葵が2014年最初に送り出す新曲のテーマは「必要惡」。 誰もが持っている光と影。そんな心の奥底に潜む人間の性を表現者として赤裸々に綴った衝撃作。

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク

Streaming

Apple Music で聴く
Spotify

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS