Augustin Hadelichオーガスティン・ハーデリッヒ

Discography

Bach - Sonatas & Partitas / バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ【輸入盤】

0190295048747 augustin hadelich bach sonatas  partitas

Bach - Sonatas & Partitas / バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2021.04.09 発売9029.504874

困難な感情と不安感を伴うパンデミック期間に、徹底的に考え抜かれた自然体のバッハ像が刻まれた無伴奏ヴァイオリン! 
 
【収録曲】
J.Sバッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ
                   BWV.1001-1006(全6曲)

【演奏】
オーガスティン・ハーデリッヒ(ヴァイオリン)

【録音】
2020年6月6-13日、7月18-19日、8月27-31日、WGBH Boston, 


 1999年、全身の60%にもおよぶ大やけどを負う不幸な事件に遭遇しながらも、20回を越える手術とリハビリを強靭な精神力で克服し、見事カムバックした奇跡のヴァイオリニスト、オーガスティン・ハーデリッヒ。2006年インディアナポリス国際ヴァイオリンコンクール優勝、2016年グラミー賞“最優秀クラシック・インストゥルメンタル・ソロ賞受賞。あいまいさの全くないテクニック、優れた構成力、詩的な繊細さと華やかな音を持って世界的に常に高い評価を受けています。
 2018年初頭にワーナークラシックスへデビューさせたのは、独創ヴァイオリンのレパートリーのもう1つの非常に異なるランドマーク「パガニーニ:24のカプリース」でした。グラモフォン誌は、彼の想像力と純粋な技術的課題を超越する能力を認め、「ハーデリッヒはこれらの曲を研究としてではなく、音色の詩、さらにはラプソディとして演奏している。この音楽を何よりもまず音楽として体験したい」と評価し、リスナーに彼の解釈を大いに勧めました。
 ハーデリッヒは、新型コロナの影響によってコンサートが無くなったこの時期に、バッハの傑作を掘り下げ、作品全体を録音するという巨大なプロジェクトに着手したのでした。この録音では、バロック弓を使用しながら、モダンと古楽奏法の融合を図りつつ、自分なりの新しい解釈を見つけ出しています。ハーデリッヒの、この録音に歴史的に情報に基づいた特定のアプローチをどのように採用したかについては、後述の自身のこの作品演奏について説明されていますが、ワシントンポスト紙では「ハーデリッヒが頂点のシャコンヌまで旅するための理想的なガイドといえます。ハーデリッヒの演奏の本質は美しさです。フレーズを作る無数の方法を楽しんでください。ヴァイオリンで生き返り、技術的な障害なしに音楽的なメッセージを伝え、明らかにしています」と、高い評価を得ています。

《ハーデリッヒ、バッハの演奏を語る》
 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータを「ヴァイオリンのために書かれた最も典型的な作品の中で、音楽の想像力と表現力、技術的能力とスタミナの手ごわいテストともいえます。多くのヴァイオリニストのように、私はこれらの作品を一生勉強して演奏してきましたが、それは挑戦、希望、そして喜びを提供し続けるものなので。私が最初にバッハに出会ったのは7歳のときで、パルティータ3番の前奏曲とガヴォット、ソナタ第1番のアダージョでした。バッハの対位法の習得は、彼の音楽が学術的で厳格であるという幻想・・・しかし、そうではありません。彼の音楽はすべて感情に溢れ、人生を肯定する喜びを醸し出しています。何世紀にもわたって、並外れていて謙虚な人間が私たちに話しかけているのを聞くことができます。
 バッハの偉大なる6つのソナタとパルティータを録音することは、長い間私の夢でした。2020年3月、音楽の世界は行き詰まりました。困難な感情と不安感を伴う封鎖期間は、逆にバッハの傑作を掘り下げ、作品全体を録音するという巨大なプロジェクトに着手するのに最適な期間でもありました。
 19世紀と20世紀の多くの期間で、バッハを厳粛な作曲家と見なす傾向でありました。おそらく彼が残した宗教音楽の豊富さのために、彼はしばしば厳格な宗教的世捨て人として想像されました。「バッハは決して微笑みませんでした」と、教師たちは生徒に言ったことを思い出しました。20世紀になってソナタとパルティータの演奏と録音がより一般的になったとき、それらはバロック音楽を演奏するための時代の一般的なアプローチを反映していました・・・それは重く、遅く、厳しい。バッハを演奏したり聞いたりするのは大変でしたが、これが私もバッハの演奏を最初に学んだ方法で・・・しかしそれは逆に良かったかもしれません。
 バロック時代の楽器と弓を出発点とし、バロック音楽の遊び心、軽さ、そして新鮮さを再発見した「歴史的な古楽奏法」演奏の到来ですべてが変わりました。もちろんバッハの時代の演奏を完全に再現することは不可能です。300年前に人々がどのように演奏したかを正確に知るために、その当時のテキスト、楽譜、楽器の注意深い研究に基づく時代の演奏の練習は、バロック音楽に関する多くの誤解を修正しました・・・バロック演奏の練習ははるかに保守的ではなかったことがわかりました。そして、私たちが思っていたよりも華やかで、ワイルドで、冒険的です!
 これらの作品をバロック弓で演奏することは私にとって啓示でした・・・浮力のある軽いアーティキュレーションを生成することがより容易となりますが、大きくて持続的な音を生成するのが難しくなります。しかし、バロック弓でバッハを演奏するのは自由だと感じました。より多くのエネルギーで弦を叩くことができましたが、音が荒くなりすぎたり表現主義になったりすることを心配する必要はありません。 3音と4音の和音の通過は、より流動的に感じました。ダンスの動きはより踊り、ゆっくりとした動きはより歌いました。バッハを演奏するときは、どのプレーヤーもしなければならない文体の決定があり、バロック弓で正しいアーティキュレーションを見つけるように案内されることがあります。バッハを演奏することのもう一つのしばしば論争の的となる側面についてですが、私はビブラートを使用します。私が感じるとる限り、それは作品の表現に貢献されています。そして、バッハがほとんどの装飾音を書いていたので、私はさらに必要であると感じるときだけ装飾音を追加しています。
 多くの音楽愛好家にとって「シャコンヌ」は頂点であるでしょう。64回繰り返される下降するベースラインの上に、バッハはそびえ立つ構造物を建て、苦悩と悲しみの瞬間を作り出し、内省と至福の瞬間に私たちを導きます。それは人生そのものの旅のように感じます。そしてこの音楽が私に与えてくれたのと同じくらいの感動をリスナーに与えてくれることを願っています
 
iTunes から入手
レコチョク
TOWER RECORDS ONLINE

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク
Amazon Music
Google Play Music
mora
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Amazon Music Unlimited
Google Play Music
Spotify
LINE
AWA

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS