Christina & Michelle Naughtonクリスティナ&ミシェル・ノートン

Discography

American Postcard / アメリカン・ポストカード~アメリカ現代ピアノデュオ作品集【輸入盤】

American postcard 0190295562298

American Postcard / アメリカン・ポストカード~アメリカ現代ピアノデュオ作品集【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2019.03.22 発売/9029.556229

 アメリカの双子ピアノデュオ、クリスティナ&ミシェル・ノートン姉妹。フィラデルフィアのカーチス音楽院にてゲイリー・グラフマン、クロード・フランク、セイモア・リプキンに師事しました。「神秘的な音楽的コミュニケーション」「完璧なペアリングによる荘厳な芸術」と高い評価を得、全体の観客を魅了しています。
 このアルバムでは近代アメリカの4人の作曲家の作品を演奏しています。冒頭に置かれたのはミニマル・ミュージックの提唱者の一人、ジョン・アダムズの代表作「Short Ride in a Fast Machine」で、本来はピッツバーグ野外森林祭のオープニングとして委嘱されたオーケストラのための作品ですが、このピアノデュオ版では爽やかな響きが炸裂、高速で移動する気分が味わえます。アダムズはもう1曲、ベートーヴェンのディアベリ変奏曲とソナタ第31番の素材を用いた作品「ロール・オーバー・ベートーヴァン」が演奏されていますが、こちらは耳慣れた旋律が幻想的に展開されていく様子を味わうことができます。ピアノの機能を限界まで追求したことで知られるナンカロウの「ソナチネ」での怒涛の展開はジャズのインプロヴィゼーションを思わせる痛快な音楽。シェーンフィールドは陰鬱さと陽気さを併せ持つ作風で知られ、ここでも多くの素材を融合させた複雑かつ楽しい作品を聴くことができます。そして「アメリカの音楽文化の形成過程を象徴する」とされるコープランド。収録されているのがおなじみの「エル・サロン・メヒコ」と「シェーカー教徒の旋律による変奏曲」で、この2曲はまさに近代アメリカを象徴するもの。20世紀から21世紀にかけてのアメリカ音楽の多様性を俯瞰する1枚と言えるでしょう。
 
【収録予定曲】
1) ジョン・アダムズ(1947-):Short Ride in a Fast Machine(Preben Antonsenによるピアノデュオ版)、
2) ポール・シェーンフィールド(1947-):Five Days from the Life of a Manic-Depressive、
3) コンロン・ナンカロウ(1912-1997):ソナチネ(Yvar Mikhashoffによるピアノデュオ版)、
4) アーロン・コープランド(1900-1990):エル・サロン・メヒコ(バーンスタインによるピアノデュオ版)、
5) ジョン・アダムズ(1947-):ロール・オーバー・ベートーヴェン、
6) アーロン・コープランド(1900-1990):シェーカー教徒の旋律による変奏曲(Bennett Lernerによるピアノデュオ版)、

【演奏】
クリスティナ・ノートン&ミシェル・ノートン(ピアノデュオ)

【録音】2018年6月18-21日、ボストン、フレイザー・パフォーマンス・スタジオ、
 

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS