Claudio Arrauクラウディオ・アラウ

Discography

Brahms: Piano Concerto No.1 (Vinyl) / ブラームス:ピアノ協奏曲第1番(アナログLP盤)【輸入盤】

0190296141430 arrau brahmslp

Brahms: Piano Concerto No.1 (Vinyl) / ブラームス:ピアノ協奏曲第1番(アナログLP盤)【輸入盤】

  • ALBUM
  • アナログ
  • 輸入盤

2022.08.26 発売9029.614143

アラウとジュリーニによる濃厚なカンタービレの名演が、2022年最新リマスター音源を使用して、180gアナログLP盤で数量限定生産
【収録曲】
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 Op.15
 《SideA》 I. Maestoso
 《SideB》 II. Adagio - III. Rondo: Allegro non troppo

【演奏】
クラウディオ・アラウ(ピアノ)
カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮)
フィルハーモニア管弦楽団

【録音】
1960年4月21-23日、ロンドン、アビイロード・スタジオ

【音源】
オリジナル・マスターテープより、2022年24bit/192kHzリマスター音源使用
180gアナログLP仕様

1960年ステレオ録音。力強い演奏を聴かせていた頃のアラウのピアノを、ジュリーニが濃厚なカンタービレで重厚にサポートする稀有な名演。ブラームスのピアノ協奏曲第1番は、特にブラームス自身が心の秘密を隠した作品ともいわれ、第1楽章でのピアノが奏でる深い悲しみが刻まれてように感じられる作品。また第2楽章の悲しみと美しさをいかに深く感じさせるかがこの曲への想いが左右させますが、この演奏での冒頭の序奏の荘厳さと美しさは絶品といえましょう。
このアラウとジュリーニによる名演を、オリジナル・マスターテープより、2022年24bit/192kHzリマスター音源使用し、180gアナログLP盤で数量限定生産!

※輸入商品のため、入荷時点で、商品(ジャケット・外装ビニール・外装箱・ケース・封入物など含む)に、細かい傷・折れ・擦れ・凹み・破れ・汚れ・角潰れ・再生に影響のないディスク盤面の傷・汚れ・イメージ違い・個体差などが見られる場合がございます。
これらを理由にした、商品の返品・交換はお受けいたしかねます。商品の状態・品質につきましてはあらかじめご了承の上、ご購入いただけますようお願い申し上げます。

EAN: 0190296141430

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS