David Aaron Carpenterデイヴィッド・アーロン・カーペンター

News

話題の名器ストラディヴァリウス1717年制作“ハンマ”(前澤有作さんコレクション)を使用、来日中のヴィオリスト、D.A.カーペンターが、兄、姉とのユニットでエキジビジョン会場の聴衆を魅了。

2018.10.12

10月11日、来日中のヴィオリスト、デイヴィッド・アーロン・カーペンターが、現在東京六本木の森アーツギャラリーで開催されている、TOKYO STRADIVARIUS FESTIVAL 2018 EXHIBITIONの会場内の、LIVE SESSION PROGRAMで演奏を披露、会場を魅了した。
演奏には、大きな話題となっている先日発表された前澤友作さんコレクションのストラディヴァリウス 1717年製作“ハンマ”も使用。

展覧会展示の名器ストラディヴァリウスの数々から、ヴィオラのD.A.カーペンター自身は、Gibson(ヴィオラ、1734)、兄のショーンは、Hamma(ヴァイオリン、1717)、姉のローレンは今回自ら持参のLubbock(ヴァイオリン、1725)を使用し、気心の知れた兄弟姉妹が使用する3台の名器のハーモニーが会場に響き渡った。

曲目はドヴォルザークのカヴァティーナ、日本でもお馴染のリベルタンゴ、ヤンキー・ドゥ―ドル、フィギュア・スケート使用で一躍有名曲となったハチャトゥリアンのワルツ(仮面舞踏会)、カリンカ、ラヴ・ミー・テンダー、月の光などからセレクトして演奏。
目で見る展示だけでなく、まさに音色そのものを展示して多くの来場者を満足させていた。

世界的にも名手が少ないとされるヴィオラ界で、実力を高く評価される稀有な若手の一人、デイヴィッド・アーロン・カーペンター。最新録音アルバムでは世界初公式録音となるドヴォルザーク:チェロ協奏曲のヴィオラ版を聴かせる。また、ドヴォルザークの協奏曲の指揮を務めるのは、日本を代表する指揮者の大野和士。彼の見事なサポートの元、カーペンターは余すことなく彼の実力を発揮している。

また、デヴィッドほか上記3名は、10月13日(土)15時にタワーレコード渋谷店、クラシック・フロアでも生演奏イベントを開催予定。
こちらでは本人たちが持参したストラディヴァリウス他の名器を演奏する。
初めて聴く方も、11日の演奏を堪能した方も、ストラディヴァリウスの生音を聴き比べして楽しめるまたとないチャンスをお見逃しなく。

●イベント情報
魔性のヴィオリスト デイヴィッド・アーロン・カーペンター
ミニコンサート&サイン会 タワーレコード渋谷店 7F

出演:デイヴィッド・アーロン・カーペンター(ヴィオラ)、ショーン・アヴラム・カーペンター(ヴァイオリン)、ローレン・サラ・カーペンター(ヴァイオリン)(3名)
場所:タワーレコード渋谷店 7F
日時:2018年10月13日(土) 15:00 START(イベントスペース入場14:30~)

※観覧フリー
「ドヴォルザーク、バルトーク、ウォルトン:ヴィオラ協奏曲 他[UHQCD] WPCS-13773/4(2018.06.27 発売)」
「12の「四季」【輸入盤】2564.648695(2016.04.15 発売)」の対象商品ご購入者を対象にサイン会を実施

●プロフィール
1986年ニューヨーク生まれ。2006年ナウムブルク・ヴィオラ・コンクールで優勝、アメリカの名だたるコンサートホールで演奏会を行うなど、今最も注目されている若手のヴィオラ奏者。ピンカス・ズッカーマン、ユーリ・バシュメット等に師事。2010年エイブリー・フィッシャー・キャリア・グラント受賞。エッシェンバッハからも「あっと言わせる説得力と、高いカリスマ性を持った演奏家」と称賛され、彼との演奏も世界的に高い評価を得ている。これまで「Ondine」レーベルより4枚のアルバムを発売。ドレスデン・シュターツカペレ、フィラデルフィア管弦楽団、ルツェルン交響楽団等、メジャーオーケストラと共演を重ねるほか、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭、ヴェルビエ音楽祭等に定期的に出演している。

●最新アルバムリリースアルバム情報
「ドヴォルザーク、バルトーク、ウォルトン:ヴィオラ協奏曲 他[UHQCD] 
WPCS-13773/4(2018.06.27 発売)¥3,800(税抜き)二枚組

●公式WEB https://wmg.jp/david-aaron-carpenter/

  • ALBUM
  • CD

David Aaron Carpenter / デイヴィッド・アーロン・カーペンターDvorak, Bartok, Walton: Viola Concertos / ドヴォルザーク、バルトーク、ウォルトン:ヴィオラ協奏曲 他[UHQCD]

  • ALBUM
  • CD

2018.06.27 発売 ¥3,800+税/WPCS-13773/4

もっと見る

世界的にも名手が少ないとされるヴィオラ界で、実力を高く評価される稀有な若手の一人、デヴィッド・アーロン・カーペンターが、世界初公式録音となるドヴォルザーク:チェロ協奏曲のヴィオラ版を聴かせる。

Buy

Amazon
TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク
mora
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Spotify
LINE

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS