Death Cab For Cutieデス・キャブ・フォー・キューティー

Discography

KINTSUGI / 金継ぎ

Wpcr000016418 lll

KINTSUGI / 金継ぎ

  • ALBUM
  • CD

2015.04.01 発売JPY2,457¥2,457+税/WPCR-16418

儚げな歌声と叙情的なメロディ、そしてアグレッシヴなギター・サウンドで独自の世界観を持つワン・アンド・オンリーな存在:デス・キャブ・フォー・キューティーが前作より約4年振りとなる最新作を遂に完成させた…!
  • USインディ・シーンから今や全米ロック・シーンを代表するアーティストとなったデス・キャブ・フォー・キューティーが、通算8作目となる最新作『金継ぎ(原題: KINTSUGI)』を完成させた…!
  • この最新作『金継ぎ』は、グラミー賞Rにノミネートされた2011年の前作『コーズ・アンド・キーズ』から約6年振りとなる最新作となり、またデス・キャブ・フォー・キューティーにとって、2014年にバンドからの脱退を表明した創立メンバーの一人であり、ギタリスト/キーボーディスト/プロデューサーでもあったクリス・ウォラがいない状態で発表する最初のアルバムとなる。
  • ロサンゼルスにてプロデューサーにリッチ・コスティ(フランツ・フェルディナンドやミューズ、インターポールなどを手掛ける)を迎え制作されたこの最新作のタイトルには、「金継ぎ」という、日本の伝統的な陶磁器の修復方法の名前が付けられている。この「金継ぎ」とは、割れたりかけてしまった陶磁器を金や銀、白銀といった貴金属でその割れ目を継ぎ、その割れ目を隠すのではなく、あえてその継ぎ目自体をデザインとして楽しむ手法を言うのだが、ダメージや擦り切れたものをそのものの歴史の一部として受け入れる、という物の哀れの美学といった哲学を意味するタイトルがこの最新作にはつけられたのだ。
  • 「僕たちの内部で起こっていた出来事、そしてここに収録されている楽曲で歌われる歌詞の内容などを考えて、この壊れたものを修繕し、新たな美を生み出していく、というこの言葉が、僕たちにすごく大きく響いたんだ」と、この「金継ぎ」というタイトルをヴォーカリスト/ギタリストのベン・ギバート、そしてドラマーのジェイソン・マックガーに提案した、ベーシストのニック・ハーマーは語る。「哲学的に、精神的に、そして感情的に、ここに収録されている楽曲たちを完璧に言い表している言葉のように感じたんだ」。
  • 日本盤用ボーナス・トラック収録
Amazon
iTunes から入手
レコチョク

Buy

Amazon
TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Spotify
  • M-1

    No Room In Frame / ノー・ルーム・イン・フレイム

    M-2

    Black Sun / ブラック・サン

    M-3

    The Ghosts Of Beverly Drive / ザ・ゴースツ・オブ・ビヴァリー・ドライヴ

    M-4

    Little Wanderer / リトル・ワンダラー

    M-5

    You've Haunted Me All My Life / ユーヴ・ホーンテッド・ミー・オール・マイ・ライフ

    M-6

    Hold No Guns / ホールド・ノー・ガンズ

    M-7

    Everything's A Ceiling / エヴリシングズ・ア・シーリング

    M-8

    Good Help(Is So hard To Find) / グッド・ヘルプ

    M-9

    El Dorado / エル・ドラド

    M-10

    Ingenue / アンジェニュー

    M-11

    Binary Sea / バイナリー・シー

    M-12

    El Dorado(Demo) / エル・ドラド(デモ)(* Bonus Track)

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS