Emma Kirkby & Anthony Rooleyエマ・カークビー&アントニー・ルーリー

Discography

Shakespeare's Lutenist: Theatre Music by Robert Johnson / シェイクスピアのリュート奏者~ロバート・ジョンソンの劇場音楽

8888

Shakespeare's Lutenist: Theatre Music by Robert Johnson / シェイクスピアのリュート奏者~ロバート・ジョンソンの劇場音楽

  • ALBUM
  • 配信限定
  • Other

2019.10.18 配信/190295334055

当時の有名作曲家ロバート・ジョンソン(1583-1633)は、シェイクスピアの劇作品のために多くの曲を書いています。ジョンソンの作曲のスタイルは、基本的には英国のリュート・ソングの伝統にのっとっていますが、劇の中で演奏されるということを考慮されているため、ダウランドのリュート・ソングなどと比べると、より動的なものとなっています。エマ・カークビー絶頂期の透明感あふれる美声、詩を理解し古典的叙情を歌い上げるローCのバス歌手デイヴィッド・トーマス、そしてアントニー・ルーリーによるリュート演奏で、シェイクスピアの詩を歌います。ナチュラルかつリアルにとらえた優秀録音でもあります。
【収録曲】
ロバート・ジョンソン:
1) Where the Bee Sucks, 
2) Hark, Hark the Lark, 
3) Come Hither You That Love, 
4) As I Walked Forth One Summer's Day, 
5) Woods, Rocks and Mountains, 
6) 'Tis late and cold, 
7) O Let Us Howl, 
8) Arm arm! the scouts are come in, 
9) Come Away, Hecate, 
10) Fantasie for lute, 
11) Pavan for lute, 
12) Gallyard for lute (My Lady Mildmay's Delight), 
13) Charon, oh Charon, 
14) Away Delights, 
15) Come heavy sleep, 
16) Care-Charming Sleep, 
17) Almayne 1, 
18) Almayne 2, 
19) Almayne 3, 
20) Corant, 
21) Full Fathom Five, 
22) Have You Seen but a White Lily Grow?, 
23) Adieu, fond love, 
24) Come away, thou lady gay, 
25) Tell me, dearest, 

【演奏】
エマ・カークビー(ソプラノ)、
デイヴィッド・トーマス(バス)、
アントニー・ルーリー(リュート)

【録音】
1991年1月, イギリス、サマセット州、チャード、フォード・アビー
 

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS