Friedrich Guldaフリードリヒ・グルダ

Discography

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第26番(UHQCD)

0787099974152 gulda

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第26番(UHQCD)

  • ALBUM
  • CD

2019.08.21 発売2,800+税WPCS-28419

1986年ミュンヘン・フィルを指揮しながらのモーツァルトの名ピアノ協奏曲2曲がリマスターを経て初CD化。
かつては「ウィーン三羽烏」の一人として、ウィーンの音楽的伝統と柔軟な感性で注目されたグルダ。ウィーン子の彼が最も敬愛した作曲家がモーツァルト。弾き振りならではのグルダのピアニズムとオーケストラの対話から生み出された歌心と哀切感が交錯するモーツァルト演奏は多に類を見ない。当時56歳の円熟期をむかえた名匠の貴重なライヴ音源。
Amazon
iTunes から入手
レコチョク

Buy

Amazon
TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク
Amazon Music
Google Play Music
mora
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Amazon Music Unlimited
Google Play Music
Spotify
LINE

Related Product

  • ALBUM
  • CD

フリードリヒ・グルダ&ミュンヘン・フィルMozart: Piano concertos No.20 & 26 / モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第26番【輸入盤】

2019.08.02 発売/8709.997415

  • 輸入盤

フリードリヒ・グルダ&ミュンヘン・フィルMozart: Piano concertos No.20 & 26 / モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第26番【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2019.08.02 発売/8709.997415

もっと見る

 かつては「ウィーン三羽烏」の一人として、ウィーンの音楽的伝統と柔軟な感性で注目されたグルダ。ウィーン子の彼が最も敬愛した作曲家がモーツァルト。弾き振りならではのグルダのピアニズムとオーケストラの対話から生み出された歌心と哀切感が交錯するモーツァルト演奏。透明感ある鋭いタッチ、正確なテンポとリズム。グルダの演奏は決して機械的にも無味乾燥にもなることなく、どこまでも粒の揃った音符による感情的な流れ。モーツァルトの音楽の底の深さを見せつけてくれます。  グルダのモーツァルトの協奏曲の名盤として、「第20番」には、アバド&ウィーン・フィル(1974年)。「第26番」には、アーノンクール&コンセルトヘボウ(1983年)がありました。この弾きぶりの演奏では、強弱によって音色の変わる特徴を増幅するかのようにピアノに気迫を込めた、当時56歳の円熟期をむかえた名匠の貴重なライヴ音源なのです。  この発売のために、ミュンヘン・フィル所蔵のオリジナルのアナログ・マスターテープより新たなるマスタリングを行っています。キース・ジャレットの諸作にかかわってきたエンジニア、クリストフ・スティッケル氏がオリジナル・マスターテープからの96kHz/24bitで新たにマスタリングを行い、ライヴの緊迫感ある演奏が甦っています。  

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク
Amazon Music
Google Play Music
mora
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Amazon Music Unlimited
Google Play Music
Spotify
LINE

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS