GAGLE

Discography

Superego

Wpcl000010105 lll

Superego

  • ALBUM
  • CD

2004.08.25 発売1,800+税WPCL-10105

ずいぶん待った……GAGLEとしての2年振りの新作「Superego」は、メジャー・レーベル第一弾としての登場だ!
ライターとしてではなく、いちリスナーとして本当に待ち望みましたヨ!
東北最大の都市、仙台発のヒップホップ・トリオ=GAGLE。メンバーは、MCのHUNGER、プロデューサー兼MCのDJ MITSU the BEATS、DJのMu-Rで、1996年に結成。GAGLEとい うネーミングの由来は、英語のgaggle「ガチョウの群(ががあがあ鳴く)」から来ているとか……(納得)
ではGAGLEの魅力とは一体なんだろう?滑舌の良いラップでグイグイ引っ張るユーモア溢れる吟遊詩人HUNGER、GAGLEの胆となる心地良いトラックをクリエイトするDJ MITSU the BEATS、確実なスクラッチを刻むDJ Mu-Rの三位一体となったサウンドであるのことは確かだ。しかしこの2年間、GAGLEのメンバーはソロ活動に勤しんだ。その結果、GAGLEでしか出来ないものと、それ以外のものとが明確となった。
2年間で蓄積された「GAGLE魂」を本作では爆発させている。ラップとサウンドが5分と5分で主張し合い渡り合っている……これこそがGAGLEだ!またGAGLEといえば、ライブ・パフォーマンスの魅力も欠くことができない。
ライブ仕様の“RAPワンダーDX”、“HIT LIST”、“ROCK ROCK Y'ALL!”は彼等の帰する場所(=ステージ)を示しているかのようだ。
早くもそのステージ上での3人のパフォーマンスを想像してしまう。
また上記のように「3 Men on Wax」以降、GAGLEとしてはいくつかライブ活動は行ってはいたものの、主にソロとしての活動が顕著だった。
HUNGERはMISS MONDAY、HIFANA等々を始めとした多くの客演に呼ばれ、DJ MITSU the BEATSはソロ・アルバム「New Awakening」を完成させ、 DJ Mu-Rはミックステープや数多くのDJをこなした。それぞれがそれぞれにスキルを磨いて挑んだ「Superego」!今回は多くのゲストを招かず、3人が中心となって創られている点も嬉しい限りだ。
中でも唯一、“VS FREAKY LIPS”でフィーチャーされたMC SQUAREDは、ブルックリン生まれの白人ヒューマンビート・ボクサーでGAGLEとも交流が深い。弱冠23才ながら、アメリカでの多くのコンテストで成績を残し、2002年にはApollo Theater"Super Top Dog"の座を勝ち取った強者。現在までにDoug E. FreshからBlackalicious、J-Live、Sage Francios……といった数多くの共演を果たしている。
またHIFANAが主宰するパーティー「ZAMURAI」(@club asia)にも今年4月に登場し、多くの歓声を浴びていた。

GAGLEといえばエゴの塊だ。その個性的過ぎるサウンドは、エゴ以外の何物でもない。
故に名付けられたタイトル「Superego」には 至極納得がいく。何倍にもスキルアップした3人の魅力がはっちゃけた過去最大のエゴが詰まっている。これこそGAGLEの真骨頂!!
ジャパニーズ・ヒップホップの2004年下半期最大の話題盤「Superego」と共に、 これから繰り広げられるGAGLEの物語は今やっと始まったばかりだ。
北川達哉 (ライター)
  • M-1

    ENTER THE 出番

    M-2

    RAP ワンダー DX

    M-3

    HIT LIST

    M-4

    VS FREAKY LIPS

    M-5

    氷の微笑

    M-6

    CLEAR DAY

    M-7

    ROCK ROCK Y'ALL!

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS