Jordi Savallジョルディ・サヴァール

Discography

Espana Eterna / エスパーナ・エテルナ(スペイン作品集)【輸入盤】

Pkg0000019039 lll

Espana Eterna / エスパーナ・エテルナ(スペイン作品集)【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2018.03.02 発売/9029.569956

《Budget Box series》
 
「記憶がなければ私たちは文明を持つことができません。音楽はその記憶の一部です」とジョルディ・サヴァールは語っています。音楽と言葉を最も理想的な記憶として重んじ、想像力豊かなサヴァールは、彼は1941年にカタロニアで生まれ、ヴィオール奏者として、そして妻でソプラノ歌手のモンセラート・フィーゲラスと共にエスペリオンXXを結成。古いスペイン音楽をあらゆる方法を駆使し、色とりどりに魅了してきました。 このサヴァールによる11 CDのコレクションは、約500年にわたり、多様な文化、作曲家、伝統を抱き、探究されたものが記録されています。なお、ブックレット、歌詞、対訳は付属しません。
 
【収録予定曲】
《CD1》1200年頃のトロバドゥールの歌、
《CD2》中世ルネサンス期のアンダルシア音楽、
《CD3》14世紀の巡礼音楽、
《CD4》大航海時代の宮廷音楽と歌1492-1553、
《CD5》スペインからのユダヤ追放以前の時代のセファルディのロマンス1492、
《CD6》スペイン、ルネサンス期の器楽の変容、
《CD7》ナポリの宮廷からのルネサンス音楽1442-1556、
    アルフォンソ1世&フェルディナンド1世の宮廷音楽1458-94、
《CD8》アントニオ・デ・カベソンの器楽作品集、
《CD9》エスパーニャのカンシヨンと踊り1547~1616(セルバンテスの時代の歌と踊り)、
《CD10》ディエゴ・オルティス:「変奏論」(1553)より「レセルカーダ集」、
《CD11》スペイン、バロック期の世俗音楽(1640-1700)

【演奏】
ジョルディ・サヴァール(ヴィオール)、エスペリオンXX、他

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS