Jordi Savallジョルディ・サヴァール

Discography

Dowland: Songs for tenor and lute / ダウランド:テノールとリュートのための歌曲集【輸入盤】

0190295320553

ナイジェル・ロジャース

Dowland: Songs for tenor and lute / ダウランド:テノールとリュートのための歌曲集【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2020.01.24 発売/9029.532055

古楽歌唱における先駆者、ナイジェル・ロジャースによる名歌唱

ジョン・ダウランドは、イングランドで最も偉大な作曲家の一人。彼は生涯、傑出したリュート奏者として認められ、また彼の歌曲は常に人気がありました。ソングライターとしてのダウランドの際立った特徴は、詩にふさわしい音楽的雰囲気を作り出す彼の不思議な能力であったことでしょう。1610年、当時のマイナーな作曲家であったジョン・ダウランドの息子、ロバート・ダウランド(1591〜1641)は、A Musicall Banquet(音楽の饗宴)というタイトルの様々な作曲家による作品のコレクションを組み立て、自分の名前を付けて編纂出版しました。このコレクションは、フランス、イタリア、英語とはば広く選曲されています。こういったアプローチを採用した最初のリュート歌曲集であり、1600年頃のヨーロッパでの音楽を、宮廷から庶民にまで提示したものでした。
 古楽歌唱の大御所テノール歌手ナイジェル・ロジャース(1935-)は、幼い頃からボーイ・ソプラノで歌い始め、ケンブリッジ大学のキングス・カレッジに合唱奨学生として学びました。卒業後、彼は最初に留学。ミュンヘンで日本でも人気の高かった著名なバリトン歌手ゲルハルト・ヒュッシュに師事。1960年代初頭、彼はイングランドに戻る前に世界中をツアーし、そこでバロック音楽に大きな関心を持ち始めました。トマス・ビンクリー率いるミュンヘン古楽スタジオのメンバーとなり、古楽演奏の声楽における先駆者の一人となりました。ユルゲン・ユルゲンス指揮のモンテヴェルディのオペラ『オルフェオ』でのタイトル・ロールのほかに、アーノンクールが1970年に録音した『マタイ受難曲』のテノールのアリアを担当するなど、中世からバロックまでの作品の歌唱法と自然な発声法によって、音楽の解釈を変えた歌手です。ここにセットに収録された2枚のアルバムは、ナイジェル・ロジャースと、ジョルディ・サヴァール、ポール・オデット、アントニー・ベイルズによる、リュートやヴィオール伴奏の美しく哀愁にみちたメロディの宝庫が収録されています。歌詞・対訳は付属しません
 
【収録予定曲】
《CD1:ジョン・ダウランド:リュート歌曲集》
ジョン・ダウランド:
1) Come away, come sweet love
2) Come heavy sleep
3) Wilt thou unkind thus reave me
4) If my complaints could passions move
5) My thoughts are wing’d with hopes
6) Awake sweet love
7) Sorrow, stay
8) Fine knacks for ladies
9) Flow my tears
10) Shall I sue
11) I saw my lady weep
12) When Phoebus first did Daphne love
13) Say, love, if ever thou didst find
14) Fie on this feigning
15) Weep you no more sad fountains
16) Love those beams
17) Sweet, stay awhile
18) To ask for all thy love
19) Were every thought an eye
20) Shall I strive with words to move
《CD2:ロバート・ダウランド編纂によるルネサンス歌曲名曲集(1610年出版)より》
1) ジョン・ダウランド:Sir Robert Sidney His Galliard
2) アントニー・ホルボーン:My heavie sprite, oppress’d
3) リチャード・マーティン:Change thy mind since she doth change
4) ロバート・ヘイルズ:O eyes, leave off your weeping
5) 作者不詳:Go, my flock, go get you hence
6) 作者不詳:O dear life, when shall it be?
7) ダニエル・バチェラー:To plead my faith
8) ギョーム・テシエ:In a grove most rich of shade
9) ジョン・ダウランド:Far from triumphing court
10) ジョン・ダウランド:Lady, if you so spite me
11) ジョン・ダウランド:In darkness let me dwell
12) ピエール・ゲドロン:Si le parler et le silence
13) ピエール・ゲドロン:Ce penser qui sans fin tirannise ma vie
14) ピエール・ゲドロン:Vous que le bonheur rappelled
15) 作者不詳:Passava Amor su arco desarmado
16) 作者不詳:Sta notte mi sognava
17) 作者不詳:Vuestros ojos tienen d’Amor
18) ドメニコ・マリア・メッリ:Se di farmi morire
19) ジュリオ・カッチーニ:Dovro dunque morire?
20) ジュリオ・カッチーニ:Amarilli mia bella
21) 作者不詳:O bella

【演奏】
ナイジェル・ロジャース(テノール)/
ポール・オデット(リュート)[CD1]/
アントニー・ベイルズ(リュート)[CD2]、ジョルディ・サヴァール(ヴィオール)[CD2]

【録音】
1987年11月、ロンドン、聖バルナバス教会[CD1]、
1976年9月、スイス、ゼオン、福音教会[CD2]
 

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS