London Baroqueロンドン・バロック

Discography

Purcell: Fantasias for viols / パーセル:ヴィオールのためのファンタジア集

Wpcs000016242 lll

Purcell: Fantasias for viols / パーセル:ヴィオールのためのファンタジア集

  • ALBUM
  • CD

2015.12.16 発売JPY1,400¥1,400+税/WPCS-16242

知的に、自由に、みずみずしく ~活き活きと綾なす音のタペストリー。

17世紀を中心として、英国で人気を博した形式のひとつ「ファンタジア」。
イギリスを代表するバロック作曲家ヘンリー・パーセルの「ファンタジア」は、対位法による見事な作風であり、パーセル作品の中でも重要な位置にある。
ヴィオール・コンソートで演奏されることが多い「ファンタジア」だが、ロンドン・バロックは上声部をヴァイオリンが受け持つことにより、メロディを鮮明に、かつ柔らかく浮かび上がらせているのが特長。
ロンドン・バロックによる名盤の1枚。

[演奏]

ロンドン・バロック:
イングリット・ザイフェルト、メアリー・ウティガー(ヴァイオリン)
ウィリアム・ハント、リチャード・キャンベル、デイヴィッド・ピント(テナー・ガンバ)
リチャード・ブースビー、チャールズ・メドラム(バス・ガンバ)
ジョン・トール(オルガン)

[録音]

1983年4月6-8日、テンプル教会、ロンドン、イギリス

  • M-1

    ファンタジア第1番 Z732 ニ短調(3声)

    M-2

    ファンタジア第2番 Z733 ヘ長調(3声)

    M-3

    ファンタジア第3番 Z734 ト短調(3声)

    M-4

    ファンタジア第4番 Z735 ト短調(4声)

    M-5

    ファンタジア第5番 Z736 変ロ長調(4声)

    M-6

    ファンタジア第6番 Z737 ヘ長調(4声)

    M-7

    ファンタジア第7番 Z738 ハ短調(4声)

    M-8

    ファンタジア第8番 Z739 ニ短調(4声)

    M-9

    ファンタジア第9番 Z740 イ短調(4声)

    M-10

    ファンタジア第10番 Z741 ホ短調(4声)

    M-11

    ファンタジア第11番 Z742 ト長調(4声)

    M-12

    ファンタジア第12番 Z743 ニ短調(4声)

    M-13

    ファンタジア第13番 Z745 「1音上のファンタジア」 ヘ長調(5声)

    M-14

    ファンタジア第14番 Z746 「イン・ノミネ第1番」 ト短調(6声)

    M-15

    ファンタジア第15番 Z747 「イン・ノミネ第2番」ト短調(7声)

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS