Mariam Batsashviliマリアム・バタシヴィリ

Discography

Liszt, Chopin: Piano works / リスト、ショパン:ピアノ作品集【輸入盤】

Mariam cover 0190295427863

Liszt, Chopin: Piano works / リスト、ショパン:ピアノ作品集【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2019.09.03 発売/9029.542786

ジョージア(旧グルジア)出身のピアニスト、マリアム・バタシヴィリ。2014年、オランダ、ユトレヒトで開催された“リスト国際ピアノコンクール”で優勝、以降「リストのスペシャリスト」として評価されています。今回のワーナークラシックスからのデビュー・アルバムは、彼女が得意とするリストと、リストが親友と呼んでいたショパンの作品を併せ、2人の巨匠の関係性を探るという1枚。
冒頭のリスト「詩的で宗教的な調べ」の第3番「孤独のなかの神の祝福」から、沈み込むような音色に魅了されます。この曲は静かな雰囲気を湛えていながらも、不思議な躍動感のある演奏は独特のもの。バタシヴィリの曲に対する愛情がひしひしと感じられます。 良く知られた「乙女の願い」 を含む ショパンの素朴な歌曲をリストが華麗なピアノ曲へと編曲した「6つのポーランドの歌」は2人の巨匠を繋ぐ作品であり、ショパンとリスト、各々の性格がにじみ出でいます。とりわけいかにもリストらしい第5曲「わたしの愛しい人」での過剰ともいえるリストの思いをバタシヴィリは的確に描き出しています。 瞑想的なリストの顔が垣間見える 「コンソレーション」、ショパンとリストの練習曲を並べた後半部も聴きどころ。バタシヴィリはリストとショパンの違いを丹念に浮かび上がらせることに成功しています。
 
【収録曲】
1) リスト:孤独の中の神の祝福 S.173/3、
2-7) リスト:6つのポーランドの歌 S.480(ショパンの17のポーランドの歌Op.74 による)、
8-13) リスト:コンソレーション S.172、
14) ショパン:12の練習曲Op.10 ~ 第1番ハ長調、
15) リスト:24の大練習曲S.137 ~ 第9番変イ長調、
16) ショパン:12の練習曲Op.10 ~ 第2番イ短調、
17) ショパン:12の練習曲Op.10 ~ 第4番嬰ハ短調、
18) リスト:24の大練習曲S.137 ~ 第10番ヘ短調、

【演奏】
マリアム・バタシヴィリ(ピアノ)、

【録音】
2019年2月、ベルリン、イエス=キリスト教会(1-13)
2019年3月、ロンドン、BBC Maida Vale Studio (14-18)
 
iTunes から入手
レコチョク
TOWER RECORDS ONLINE

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク
Amazon Music
Google Play Music
mora
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Amazon Music Unlimited
Google Play Music
Spotify
LINE

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS