Otto Klempererオットー・クレンペラー

Discography

Mahler: Symphony No. 4 / マーラー:交響曲第4番 (ハイレゾ有)

D

Mahler: Symphony No. 4 / マーラー:交響曲第4番 (ハイレゾ有)

  • ALBUM
  • 配信限定
  • Other

2020.02.21 配信/190295264192

フィルハーモニア管弦楽団75周年を記念して名演がデジタル復活。クレンペラーの定評高いマーラー交響曲、ソプラノにシュヴァルツコップを迎えた強力作品、1961年録音。
 マーラー:交響曲第4番ト長調
  [演奏]エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ)、
      オットー・クレンペラー(指揮)
      フィルハーモニア管弦楽団
  [録音]1961年10月6-8, 10&25日、ロンドン、キングズウェイ・ホール
  [音源]2012年、アビイロード・スタジオによる24bit/96kHzリマスター

Related Product

  • ALBUM
  • CD

フィルハーモニア管弦楽団Philharmonia Orchestra - Birth of a Legend 24CD / フィルハーモニア管弦楽団~創立75周年記念歴史的録音集【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2020.01.17 発売/9029.534951

もっと見る

フィルハーモニア管弦楽団創立75周年記念限定生産BOX フィルハーモニア管弦楽団は、1945年に誕生して以来名声のある名前であり、旧EMIの伝説のプロデューサーであるウォルター・レッグによってEMIの録音のためのオーケストラとして設立されました。 世界的な偉大なアーティストらとの共演の歴史は、現在ワーナークラシックのカタログに数多くの画期的な録音が刻まれています。ここに収録されている音源は、1946年から1964年までの期間を対象としています。カラヤン、フルトヴェングラー、トスカニーニ、クレンペラー、ジュリーニ、カンテッリなどの名指揮者だけでなく、デニス・ブレインなどの首席演奏者の演奏にも光があてられています。オリジナル・マスターテープからリマスターされた音源によって収録されていますが、多くの音源が2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター音源が使用されています。 1952年9月29日と10月1日、前年に完成したばかりのロイヤル・フェスティヴァル・ホールで行われた、トスカニーニ指揮フィルハーモニア管弦楽団によるブラームス交響曲全曲演奏会は、ウォルター・レッグによって録音されましたが、トスカニーニがRCAの専属だったため商品化されず、マスターテープはレッグが所有していました。2000年にそのマスターテープからTESTAMENT社がリマスターした音源で収録(CD9-11)。 1958年4月7日、クレンペラー指揮によるR.シュトラウスの「ドン・ファン」「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」の、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライヴは、BBCが録音をしていたものを特別に初出音源として収録されています(CD14)。  現音楽監督のエサ=ペッカ・サロネン指揮による2018年9月にライヴ録音された「浄夜」も収録(CD23)。また4人の主要な指揮者とのフィルハーモニアの関係についての興味深い洞察を提供したインタビューが、CD24にボーナスディスクとして収録されています。初回限定生産盤となります。  

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS