Warren Barker And His Orchstraウォーレン・バーカー・アンド・ヒズ・オーケストラ

Discography

77 SUNSET STRIP (Soundtrack) / サンセット77(オリジナル・サウンドトラック)

Wpcr000027826 lll

77 SUNSET STRIP (Soundtrack) / サンセット77(オリジナル・サウンドトラック)

  • ALBUM
  • CD

2013.09.04 発売952+税WPCR-27826

1958年から1964年にかけてアメリカで放映されたTVドラマ「サンセット 77」のオリジナル・サウンドトラック・アルバム。演奏:ウォーレン・バーカー・オーケストラ。1959年作品。

1958年から1964年にかけてアメリカで放映されたTVドラマ『サンセット77(77 Sunset strip)』のオリジナル・サウンドトラック・アルバム。 日本でも1960年から1963年にかけて放映され、人気を博した。ロジャー・スミス、エド・バーンズが出演した。ウォーレン・バーカーが音楽を 担当したインストゥルメンタル・アルバム。アルバム・チャートで全米3位を記録する大ヒットとなった。1959年作品。

  • トラック3はミュージカル“Anything Goes”('34年)の主題歌で、フランク・シナトラも歌っているスタンダード。作者はコール・ポーター。
  • トラック6、10も各々、ミュージカル “Present Arms” ('28年)、 “The New Moon” ('28年)の主題曲。
  • トラック12は、ワーナー映画 “The Man I Love” ('46年)の挿入歌がカヴァー収録されている。
 
  • 解説付
  • 2013年デジタル・リマスター

『サンセット77(77 Sunset strip)』

1960年代半ば、日本にTV(もちろんモノクロ画面)が普及し、老いも若きも夢中でブラウン管にかじりついていた時代。 中でも目新しいアメリカのTVドラマは日本中にカルチャー・ショックを与え、あこがれの的となり人気シリーズが数多く生まれた。 この『サンセット77』も私立探偵事務所に持ち込まれる様々な事件をテーマにしたシリーズで “探偵ブーム” を巻き起こす大ヒットとなった。 女の娘たちはレギュラー出演者のエド・バーンズ扮する若い駐車場係の「クーキー」に熱い視線を送り、子供の間ではテーマ曲「せぶんせぶん、さんせっ!パチ・パチ(フィンガー・スナップ2発:今で言う指パッチン)」が大流行した。

Amazon
iTunes から入手
レコチョク

Buy

Amazon
TOWER RECORDS ONLINE

Download

iTunes から入手
レコチョク
Amazon Music

Streaming

Apple Music で聴く
Amazon Music Unlimited
Spotify
  • M-1

    77 SUNSET STRIP / サンセット77

    M-2

    LATE AT BAILEY'S PAD / レイト・アット・ベイリーズ・パッド

    M-3

    I GET A KICK OUT OF YOU / 君にこそ心ときめく

    M-4

    CLEO'S THEME / クレオのテーマ

    M-5

    CAPER AT THE COFFEE HOUSE / ケイパー・アット・ザ・コーヒー・ハウス

    M-6

    YOU TOOK ADVANTAGE OF ME / 私を利用している

    M-7

    77 SUNSET STRIP CHA CHA / サンセット77・チャ・チャ

    M-8

    KOOKIE'S CAPER / クーキーのケイパー

    M-9

    THE STU BAILEY BLUES / ステュ・ベイリー・ブルース

    M-10

    LOVER COME BACK TO ME / 恋人よわれに帰れ

    M-11

    BLUE NIGHT ON THE STRIP / ブルー・ナイト・オン・ザ・ストリップ

    M-12

    IF I COULD BE WITH YOU / あなたといられたら

    M-13

    SWINGIN' ON THE STRIP / スウィンギン・オン・ザ・ストリップ

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS