Artist img format alan 2019

Alain Lefevreアラン・ルフェーヴル

Latest Release

  • ALBUM
  • 輸入盤

Andre Mathieu: Concerto de Quebec & Works for 2 pianos / アンドレ・マテュー:ケベック協奏曲&2台のピアノのための作品集【輸入盤】

「カナダのモーツァルト」と称された作曲家アンドレ・マテューの美しき旋律! カナダ、ケベック出身のピアニスト、作曲家アンドレ・マテュー(1929-1968)。父はピアニスト、母はヴァイオリニストという音楽一家で育ち、4歳で最初のピアノ曲を作曲したという才能の持ち主。5歳の時にはオーケストラと共演し、7歳でケベック州の奨学金を獲。「カナダ、ケベックのモーツァルト」とも称され、ラフマニノフからも一目置かれていましたが、成長するにつれ、名声を失い、最期はアルコール依存症に陥り、39歳の若さでこの世を去ってしまいました。生前に200作以上の作品を遺したものの、それらは未整理の状態であり、ほとんどが忘れられてしまいました。しかし1976年のモントリオール五輪でもその作品が演奏され、どこかラフマニノフを彷彿とさせる美しい旋律と劇的な作風が人気を博し、マテューの作品も少しずつ演奏されるようになってきています。 そんなマテューの作品ですが、カナダのピアニスト、アラン・ルフェーヴルはすでに40年間も彼の作品を演奏し続け、その復権に尽力しています。このアルバムに収録された「ピアノ協奏曲第3番」は、1942年の秋、まだ13歳だったマテューが作曲を初め、翌夏に完成させたという作品。どこかラフマニノフを彷彿とさせる美しい旋律と劇的な作風で、のちにカナダ映画「La Forteresse(1947)」で使用され人気を博しましたが、オリジナルの譜面は失われてしまい、2008年になってジョージ・ニコルソンが作曲者直筆のスコアを発見し、アラン・ルフェーヴルらと共に3年の歳月を費やして復元を施した後、2017年2月に世界初演が実現した作品です。管弦楽伴奏版は、Analektaレーベルよりルフェーヴルのピアノ演奏で発売されていますが、今回はそれの元となった2台ピアノ版での演奏です。他の2曲も、1940年代に書かれた表現力豊かな驚くべき作品。真の天才の作品をぜひお楽しみください。  

2020.02.14 発売/9029.548866

iTunes から入手
レコチョク
TOWER RECORDS ONLINE

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク
Amazon Music
Google Play Music
mora
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Amazon Music Unlimited
Google Play Music
Spotify
LINE

Alain Lefevre/アラン・ルフェーヴルMy Paris Years / 私のフランスの時~フランス・ピアノ作品集【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2019.04.05 発売/9029.568941

もっと見る

フランス生まれのカナダ人ピアニストで作曲家のアラン・ルフェーヴル。この『私のパリの時』は、ワーナークラシックスヘのデビューとなります。このアルバムには、フランス作曲家として最も愛されているドビュッシー、ラヴェル、サティ、フランクの3人が書いたピアノ作品がまとめられています。ルフェーヴルが最も様々なことを学んだ貴重な時代、そしてその街への賛美として演奏しています。セーヌ川の穏やかな水辺、落ち着いた路上の雰囲気、そして時々活発な街の動きまで、パリの風景を描き、音楽で街の多面的なものを再現することに、すべての作品は貢献しています。 ルフェーヴルは、幼いときのカナダのケベック移住まではフランスで育ちました。カナダでピアノを学んでいましたが、17歳の時、彼は生まれ故郷のパリに戻り、伝説的なピアニスト、ピエール・サンカンの指導のもと、パリ国立音楽院でピアノと作曲を学びました。サンカンから受けたという文学からの影響や、そこから思考の明瞭さと優雅さの形によって描かれた演奏は、作曲家と楽曲に対する敬意と愛情にあふれています。  

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
Amazon Music
mora
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Amazon Music Unlimited
Spotify

Playlistおすすめプレイリスト

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS