Charlie Puthチャーリー・プース

Profile

1991年生まれニュー・ジャージー出身。
2011年に、人気ブロガー=ペレス・ヒルトンが主催したカヴァー曲コンテスト「Can You Sing?」にエントリーするためYouTubeにアップしたアデル「サム・ワン・ライク・ユー」のカヴァーを見たアメリカTV界の大スター、エレン・デジェネレスに見いだされ、程なくしてエレンが司会を務める人気TV番組『エレン・デジェネレス・ショウ』に出演。番組内でパフォーマンスを披露すると大きな反響となり、エレンが設立したレーベル=イレヴンイレヴン・レコードと契約を結ぶ。
 
2013年にバークリー音楽院を卒業し、22歳にしてジェイソン・デルーロやピットブルといった大物アーティストの楽曲制作に参加しキャリアを磨いた。アトランティック・レコードとメジャー契約を果たしたチャーリーは、2015年2月にデビュー・シングル「マーヴィン・ゲイ」を発表。メーガン・トレイナーをゲストに迎え、1970年代~80年代に活躍した伝説のソウル・シンガー、マーヴィン・ゲイをモチーフにしたこの曲は、マーヴィンの代表曲「レッツ・ゲット・オン」「ガット・トゥ・ギヴ・アップ」などのフレーズも飛び出すレトロ感満載のナンバーで、ビデオ・クリップではメーガンとの濃厚ラヴ・シーンを想像させる演出も話題となった。
 
全世界で記録的大ヒットを記録した映画『ワイルド・スピード SKY MISSION(原題:Furious7)』サウンドトラックからのシングル、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン(feat. チャーリー・プース)」にゲスト参加。
 
同映画では亡きポール・ウォーカーに捧げたエンディング・シーンで使用されている感動的なナンバーであるこの曲は、チャーリーが歌う涙を誘うメロディも話題となり、全米シングル・チャート(4/25付The Billboard Hot 100)では登場5週目にして早くも1位を獲得、アルバムとシングル両部門で同時に1位に輝くという、映画のサウンドトラック作品としてはエミネム『8マイル』以来の快挙を達成。
 
最終的にこの曲は全米シングル・チャート(The Billboard Hot 100)で通算12週1位に輝き、ラップ/ヒップホップ楽曲としてエミネム「ルーズ・ユア・セルフ」(2002)、ブラック・アイド・ピーズ「アイ・ガッタ・フィーリング」(2009)と並ぶ歴代最長1位タイ記録を樹立。グラミー賞最優秀ソング賞ノミネート、日本でも各局TVがこぞってPick Upするなど、文字通り誰もが耳にする超メガ・ヒット・ソングとなった。
(ちなみに、同曲は2015年のYouTubeで最も注目されたミュージック・ビデオランキング第一位を飾った)
 
2016年1月に、デビュー・アルバム『ナイン・トラック・マインド』を発表。ゴスペル調のセカンド・シングル「ワン・コール・アウェイ」は、チャーリーの艶気あるヴォーカルと、美しいメロディ、印象的なコーラス・パートが多くの人々の琴線を刺激した。サード・シングル「ウィ・ドント・トーク・エニモア」は、セレーナ・ゴメスをフィーチャー。別れた男女が、実はお互いに未練があるのにも関わらず、想いを伝えることができないという切ないナンバーで人気を博した。
8月に、サマーソニック2016へ出演。大観衆を目前にして、デビューしたての新人とは思えないほどのハイクオリティなVoに、日本の観客の度肝を抜いたのは記憶に新しい。ラストを飾った名曲「シー・ユー・アゲイン」は、間違いなく当イベントのハイライトの一つとして、大きな話題を呼んだ。
 
2018年にはセカンド・アルバム『ヴォイスノーツ』をリリース。2020年6月現在までに全世界で34億ストリーミング総再生回数を突破。「アテンション」「ハウ・ロング」「ダン・フォー・ミー」など様々なヒット・チューンを収録した当作品は2019年のグラミー賞にて「最優秀アルバム技術賞(ベスト・エンジニア賞)~クラシック以外(Best Engineered Album, Non-Classical)」にノミネートされるなど、プロフェッショナルな音楽制作観点から高い評価も得た。
 
当アルバムを引っ提げて「Voicenotes Tour 2018」を敢行。2018年7月11日のカナダ・トロント公演を皮切りに、9月1日のフロリダ州ウェスト・パーム・ビーチまで北米の32都市にて計32公演を実施。同年10月29日からはアジア・ツアーがスタートし、バンコク、上海、ソウルなど8都市9公演を終え、ここ日本では2018年11月21日 千葉・幕張メッセ イベントホール、11月19日大阪・エディオンアリーナ大阪の2公演が予定されていたが、両公演ともに即日完売の報を受け、急遽追加公演として11月22日 東京・東京国際フォーラムホールA が追加され、こちらもSOLDOUTするなどその人気の高さを見せつけた。
 

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS