Various Artistsヴァリアス・アーティスト

Discography

Beethoven: Christ on the Mount of Olives, Op. 85 / オリーヴ山上のキリスト

1101

フォルカー・ヴァンゲンハイム(指揮)

Beethoven: Christ on the Mount of Olives, Op. 85 / オリーヴ山上のキリスト

  • ALBUM
  • 配信限定
  • Other

2019.11.08 配信/190295332631

【収録曲】
オラトリオ『オリーヴ山上のキリスト』Op.85(全曲)

【演奏】
クリスティーナ・ドイテコム(天使セラフィム)、
ニコライ・ゲッダ(イエス)、
ハンス・ゾーティン(ペテロ)
ボン・フィルハーモニー合唱団、ボン市立劇場合唱団、
ボン・ベートーヴェンハレ管弦楽団、
フォルカー・ヴァンゲンハイム(指揮)
  
【録音】1969年11月、1970年3-4月、ボン

Related Product

  • ALBUM
  • CD

Various Artists / ヴァリアス・アーティストBeethoven The Complete Works 2020 / ベートーヴェン作品全集2020【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2019.11.29 発売/9029.539882

もっと見る

2020年ベートーヴェン生誕250年記念、 ワーナークラシックの名盤による超お買い得作品全集BOX ベートーヴェンは、1770年12月17日に洗礼を受けました。このワーナークラシックスからの「ベートーヴェン作品全集」は、生誕250年記念してお贈りするもので、芸術的、学術的にも世界的に高い評価を得ている「ドビュッシー全集」「ベルリオーズ全集」に続く特別企画で、価値ある素晴らしい演奏を特別価格でご提供いたします。 [ボックスの内容]について #1 厳選された名演奏 多くの音源は、ワーナークラシックス(旧EMI、Teldec、Erato)の音源から厳選されており、一部に他レーベルの音源によって補完。とりわけ完全なサイクルでは、近年の全集の音源が使用されています。 交響曲全集 ⇒ ニコラウス・アーノンクール(指揮)、 ピアノ協奏曲全集 ⇒ アンドラーシュ・シフ(ピアノ)ベルナルト・ハイティンク(指揮) ピアノ・ソナタ全集 ⇒ スティーヴン・コヴァセヴィチ(ピアノ) 弦楽四重奏曲全集 ⇒アルテミス・カルテット ヴァイオリン・ソナタ全集 ⇒ ルノー・カピュソン(ヴァイオリン) その他の音源でも、ベートーヴェン演奏に定評のあるアーティストの音源を使用。 ダニエル・バレンボイム、ルドルフ・ブッフビンダー、イツァーク・パールマン、 オットー・クレンペラー、ヤーノシュ・シュタルケル、ジャクリーヌ・デュ・プレ・・・など #2 この企画のための特別な新録音 ほとんど演奏(録音)されない作品ついては、ピアノ作品では、今年デビューしたばかりの詩人的ピアニスト、キム・ドゥーミンを。声楽曲では有望な若手の歌手たち。合唱作品については、合唱団「アクサンチェス」のメンバーによって、今年2019年に新たに録音を行い、収録いたしました。 #3 音楽学者デイヴィッド・ウィン・ジョーンズ博士による監修と寄稿文 英国ウェールズのカーディフ大学音楽学教授である、デイヴィッド・ウィン・ジョーンズ博士(ハイドンからベートーヴェンを中心としたウィーン音楽の権威)の監修によって選曲され、ブックレットにはベートーヴェンについての寄稿文が掲載されます(欧文のみ)。 #4 ロマン主義の絵画が使用された紙ジャケット 各ディスクは、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ、ヨーゼフ・アントン・コッホなど、ベートーヴェンと同時代のロマン主義の画家による絵画が使用された紙ジャケットにおさめられています。 ※未完成作品(スケッチや断章)、ベートーヴェンの作品と不確定な作品などは収録されておりません。 ※声楽作品の歌詞・対訳はついておりません。 [ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)] #1史上最高の作曲家の一人 ベートーヴェンは、多くの場合、すべての作曲家の中で最も偉大であると言われています。音楽の発展において革命的で影響力のある人物であるだけでなく、観客を興奮させる大規模で多様な作品を生み出しました。交響曲「英雄」「運命」「田園」「合唱(歓喜の歌)」、ピアノ協奏曲「皇帝」、ヴァイオリン・ソナタ「春」「クロイツェル」、ピアノ・ソナタ「月光」「悲愴」「熱情」、ヴァイオリン協奏曲、歌劇「フィデリオ」・・・など、最も広く愛されている傑作が多数あります。 #2人生を豊かにする傑作で個人的な悲劇を克服した男 ドイツのボンで生まれたベートーヴェンは、22歳でヨーロッパの音楽の都ウィーンに移り、生涯をそこで過ごしました。彼はピアニスト兼作曲家としてキャリアを始め、成功をおさめましたが、1800年頃に耳が聞こえなくなっていることに気付きました。この悲劇、および彼の人生における他の多くの困難と合併症にもかかわらず、彼の天才と決意は、新しい音楽的感覚でそれまでの基盤を破り、哲学的なレベルで、人類の尊厳、可能性、および願望を主張するという画期的な流れを生み出しました。 #3音楽の歴史を変えた作曲家 ベートーヴェンは、ハイドンやモーツァルトなどの作曲家によって作り上げられた音楽形式、特に交響曲、ピアノ・ソナタ、ピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲、弦楽四重奏を採用しながらも、新しい構造、技術、表現力を取り入れました。古典派からロマン派への移行を体現し、同時代と後継者(ブラームス、ワーグナーなど)に決定的な影響を及ぼし、弦楽四重奏の「大フーガ」や後期ピアノ・ソナタで、20世紀を感じさせる音楽も作曲しました。  

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Streaming

Spotify

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS