Various Artistsヴァリアス・アーティスト

Latest Release

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

Albert Roussel Edition / アルベール・ルーセル・エディション【輸入盤】

《ルーセル生誕150年記念エディション》 印象主義から新古典主義への時代に作曲に取り組んだアルベール・ルーセル(1869-1937)。北フランス、フランドル地方のトゥールコアンに生まれ、7歳で孤児となり、祖父に引き取られた後、さらに11歳でその祖父を亡くすなど不幸な幼少期を経験。しかし早くから音楽的才能を発揮し、教会オルガニストに師事して最初の音楽教育を受けました。海に憧れて海軍兵学校へ進学、軍属として世界各地を航海しましたが、健康を害してこれを退いています。1894年、25歳で本格的に音楽を学ぶことを決意し、パリでウジェーヌ・ジグーにピアノ、オルガン、和声法、対位法を学び、1898年にはヴァンサン・ダンディによって設立されたスコラ・カントールムに進み、ダンディに師事。4年後には同校で教鞭を執るまでになりました。その教え子としてジャン・マルティノンがいました。ルーセルは作曲家としてすぐに成功をおさめ、1909年のインド旅行で新たなる音楽を認識し「パドマーヴァティ」や「喚起」の作曲に影響を与えました。ルーセルの作品は、曲によって和声法などに印象主義の影響もうかがえますが、循環形式を好んで用いるなどフランクやダンディの影響が濃く、より形式的で保守的な作風を得意とし、ラヴェルとともにドビュッシー亡き後のフランス楽壇をリードしました。  ここに収録された作品は、主なルーセルの代表作のほとんどが収録されたもので、ジャン・マルティノン、シャルル・ミュンシュ、アンドレ・クリュイタンス、ミシェル・プラッソンといったフランスの名指揮者、名器楽奏者たちによるモダニズムの探求心が込められた名演ばかり。CD11には、ルーセルの自作自演によるヒストリカル録音も収録されています。また初CD化の作品、及びアナログ録音の音源は、パリのArt & Son Studio にてオリジナル・マスターより24bit/96kHzにてリマスターが施されております。  BOX表紙の写真は、アルベール・ルーセル国際センター所蔵の、「蜘蛛の饗宴」を作曲するために蜘蛛を研究するルーセル本人の、貴重な写真が使用されております。  

2019.03.22 発売/9029.548916

Various Artists/ヴァリアス・アーティストPoulenc: Complete Works / プーランク全作品集【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2012.10.22 発売/99997.21652

もっと見る

フランシス・プーランク(1899-1963)の業績を記念し、旧EMI音源による大規模なボックス・セット。 【プーランクの音楽】 フランス6人組の人気作曲家として、20世紀なかばのパリ楽壇を賑わしていたプーランクの音楽は、軽妙洒脱でときに憂いを帯びる魅力的な旋律が散りばめられた器楽系作品と歌曲、そしてシリアスな雰囲気を基調としながらも多彩な要素の織り込まれた合唱曲やオペラといった作品がよく知られています。 いわゆる「エスプリ」の感覚が投影された音楽とも言われるプーランクの器楽系作品は、喜怒哀楽のめまぐるしい表情の変化が特徴でもあります。それは主に、軽やかなリズムと各パートの自由な絡み合い、そして近代作品ならではの高度な演奏技巧と、多彩をきわめた楽器の組み合わせによってもたらされており、耳への心地よい刺激がたまらないものともなっています。 【豪華な演奏陣】 選ばれた音源は、旧EMIによって制作された高水準なものばかり。プーランク唯一のピアノの弟子であるガブリエル・タッキーノに、ピアニストのジャック・フェヴリエ、指揮者のジョルジュ・プレートル、アンドレ・クリュイタンス、クラリネットのミシェル・ポルタル、オーボエのモーリス・ブルグ、フルートのミシェル・デボスト、ホルンのアラン・シヴィル、チェロのピエール・フルニエ、ヴァイオリンのフランク・ペーター・ツィンマーマンなど錚々たるアーティストの名前が見えます。 また、このボックスのために、エマニュエル・パユが『廃墟を見守る笛吹きの像』を新たにレコーディングしています。

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Various Artists/ヴァリアス・アーティストTOMMY LIPUMA WORKS / トミー・リピューマ・ワークス

  • ALBUM
  • CD

2019.02.27 発売 ¥4,500+税/WPCR-18138/40

もっと見る

AOR、シティ・ミュージックの先駆者である今は亡き名プロデューサー、トミー・リピューマ。

Buy

Amazon
TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Various Artists/ヴァリアス・アーティストMagnificat / マニフィカト【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2019.02.22 発売/5419.771902

もっと見る

 聖書ではイエスの生誕をめぐる物語は意外と少なく、新約「ルカによる福音書」第1章にしかありません。そこでは、マリアが大天使ガブリエルから受胎を告げられたあと、高齢ながら洗礼者ヨハネを宿していた親類のエリザベトを訪ねたとき、祝福されたのにこたえて口にした賛歌が、「マニフィカト・アエマ・メア・ドミヌム(わたしの魂は主をあがめます)」とはじまるマリアが神をたたえた歌「マリアの賛歌」です。全部で12節からなっており、過去にも思いをいたしつつ、十代の少女が胸をはずませて喜び誇るようすが伝わってくるような内容で、音画法を誘うような表現や対句も見られます。  マニフィカトがポリフォニーで作曲されるようになったのは、おもに15世紀初頭からで、即興的に対旋律をつけたり和声化していたものが、このころから記譜されるようになり,ダンスタブル、デュファイ、バンショワ、ビュノワらの作品が手写本として残されています。その後教会礼拝用の優れた合唱作品へと変わり、19世紀になると演奏会用の作品も作曲されるようになります。  このセットでは、イタリア後期ルネサンス音楽の作曲家ルカ・マレンツィオから、ペルトなどの現代までの「マニフィカト」が収録されたもので、様々な時代の音楽様式を確認できるものとなっています。J.S.バッハの「マニフィカト」は、1723年に4曲の挿入曲が入った変ホ長調クリスマス版、その後現在よく演奏されるニ長調の改訂版の両全曲版も収録。  

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Playlistおすすめプレイリスト

News

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS