Various Artistsヴァリアス・アーティスト

Discography

Heroic Beethoven(Best of) / ヒロイック・ベートーヴェン(ベスト・オブ)【輸入盤】

0190295323455 heroic beethoven 3cd

Heroic Beethoven(Best of) / ヒロイック・ベートーヴェン(ベスト・オブ)【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2020.01.24 発売/9029.532345

ベートーヴェンの有名かつ重要な楽章ばかりが収録された超凝縮ベスト・アルバム!

ベートーヴェンは、1770年12月17日に洗礼を受けました。ワーナークラシックスからの「ベートーヴェン作品全集」は、芸術的、学術的にも世界的に高い評価を得ている「ドビュッシー全集」「ベルリオーズ全集」に続く特別企画BOX。その中から最も代表的で重要な作品楽章を収録したベストです。多くの音源は、ワーナークラシックス(旧EMI、Teldec、Erato)の名盤から厳選されています。(*の演奏は、作全集とは異なった音源で収録されています)
 
【収録予定曲/演奏】
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)
《CD1》
1) 交響曲 第6番 ヘ長調 Op.68「田園」~第1楽章
   【演奏】ニコラウス・アーノンクール(指揮)ヨーロッパ室内管弦楽団
2) ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調『悲愴』Op.13 ~ 第2楽章
   【演奏】スティーヴン・コヴァセヴィチ(ピアノ)
3) ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 Op.37 ~ 第1楽章(抜粋)
   【演奏】アンドラーシュ・シフ(ピアノ)
       ベルナルト・ハイティンク(指揮)シュターツカペレ・ドレスデン
4) 弦楽四重奏曲第8番 ホ短調 『ラズモフスキー第2番』Op.59, No.2 ~ 第3楽章
   【演奏】アルテミス・カルテット
5) ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 『月光』 Op.27, No.2 ~ 第1楽章
6) ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調 『テンペスト』 Op.31, No.2 ~ 第3楽章
   【演奏】スティーヴン・コヴァセヴィチ(ピアノ)
7) ピアノ三重奏曲第7番 変ロ長調 『大公』Op.97 ~ 第1楽章
   【演奏】ピンカス・ズッカーマン(ヴァイオリン)、
       ダニエル・バレンボイム(ピアノ)、
       ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ)
8) 11のバガテル Op.119 ~ 第1番:アレグレット ト短調
   【演奏】スティーヴン・コヴァセヴィチ(ピアノ)
9) ヴァイオリン・ソナタ第9番 イ長調 『クロイツェル』Op.47 ~ 第3楽章
   【演奏】ルノー・カピュソン(ヴァイオリン)、フランク・ブラレイ(ピアノ)
10) 交響曲 第9番 ニ短調 Op.125「合唱」~ 第4楽章(抜粋)
11) 交響曲 第7番 イ長調 Op.92 ~ 第4楽章
   【演奏】ニコラウス・アーノンクール(指揮)ヨーロッパ室内管弦楽団
《CD2》
1) 交響曲 第3番 変ホ長調 Op.55「英雄」~ 第2楽章
   【演奏】ニコラウス・アーノンクール(指揮)ヨーロッパ室内管弦楽団
2) バガテル イ短調 WoO.59『エリーゼのために』
   【演奏】ルドルフ・ブッフビンダー(ピアノ)
3) ヴァイオリン・ソナタ第5番 ヘ長調 『春』Op.24 ~ 第3楽章
   【演奏】ルノー・カピュソン(ヴァイオリン)、フランク・ブラレイ(ピアノ)
4) 弦楽四重奏曲第7番 ヘ長調 『ラズモフスキー第1番』Op.59, No.1 ~ 第3楽章
   【演奏】アルテミス・カルテット
5) 交響曲 第7番 イ長調 Op.92 ~ 第2楽章
   【演奏】ニコラウス・アーノンクール(指揮)ヨーロッパ室内管弦楽団
6) ピアノ協奏曲第4番 ト長調 Op.58 ~ 第2楽章
   【演奏】アンドラーシュ・シフ(ピアノ)
      ベルナルト・ハイティンク(指揮)シュターツカペレ・ドレスデン
7) 七重奏曲 変ホ長調 Op.20 ~ 第3楽章
   【演奏】メロス・アンサンブル
8-9) ディアベリのワルツの主題による33の変奏曲 ハ長調 Op.120 ~ 主題と第1変奏
   【演奏】ハンス・リヒター=ハーザー(ピアノ)
10) チェロ・ソナタ 第3番 イ長調 Op.69 ~ 第1楽章
   【演奏】ヤーノシュ・シュタルケル(チェロ)、ルドルフ・ブッフビンダー(ピアノ)
11) 劇音楽『アテネの廃墟』Op.113 ~ トルコ行進曲
   【演奏】ポール・シュトラウス(指揮)リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団*
12) ミサ・ソレムニス (荘厳ミサ曲)ニ長調 Op.123 ~ グロリア・イン・エクチェルシス・デオ
   【演奏】オットー・クレンペラー(指揮)ニュー・フィルハーモニア管弦楽団&合唱団
13) ロマンス第1番 ト長調 Op.40
   【演奏】マキシム・ヴェンゲーロフ(ヴァイオリン)
       ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(指揮)ロンドン交響楽団*
14) 11のバガテル Op.119 ~ 第9番:ヴィヴァーチェ・モデラート
   【演奏】スティーヴン・コヴァセヴィチ(ピアノ)
15) 26 のウェールズの歌 WoO.155 ~ 寄るべなき女
   【演奏】ジュリエット・アラン(ソプラノ)、ジャン・ピエール・アルマンゴー(ピアノ)
16) カノン『おおトビーアス、ハスリンガーの支配者』WoO.182
   【演奏】「アクサントゥス」合唱団員
17) 歌劇『フィデリオ』Op.72 ~ 「不思議な感情が私を満たす」
   【演奏】オットー・クレンペラー(指揮)フィルハーモニア管弦楽団
《CD3》
1) 交響曲 第5番 ハ短調 Op.67 ~ 第1楽章
   【演奏】ニコラウス・アーノンクール(指揮)ヨーロッパ室内管弦楽団
2) ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 『月光』 Op.27, No.2 ~ 第3楽章
   【演奏】スティーヴン・コヴァセヴィチ(ピアノ)
3) ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.61 ~ 第3楽章(抜粋)
   【演奏】フランク・ペーター・ツィンマーマン(ヴァイオリン)
       ジェフリー・テイト(指揮)イギリス室内管弦楽団*
4) ピアノ三重奏曲第5番 ニ長調 『幽霊』Op.70, No.1 ~ 第2楽章
   【演奏】ピンカス・ズッカーマン(ヴァイオリン)、ダニエル・バレンボイム(ピアノ)、
       ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ)
5) 『コリオラン』序曲 Op.62
   【演奏】オットー・クレンペラー(指揮)フィルハーモニア管弦楽団
6-7) ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調Op.73「皇帝」~ 第1楽章(抜粋)
   【演奏】アンドラーシュ・シフ(ピアノ)
       ベルナルト・ハイティンク(指揮)シュターツカペレ・ドレスデン
8) ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 『ワルトシュタイン』 Op.53 ~ 第3楽章
   【演奏】スティーヴン・コヴァセヴィチ(ピアノ)
9) 4手のためのピアノ・ソナタ ニ長調 Op.6 ~ 第1楽章
   【演奏】キム・ドゥーミン & ギョーム・ヴァンサン(ピアノ)
10) ロンド・ア・カプリッチョ ト長調 Op.129『失われた小銭への怒り』
   【演奏】ルドルフ・ブッフビンダー(ピアノ)
11) ミサ曲 ハ長調 Op.86 ~ キリエ
   【演奏】カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮)ニュー・フィルハーモニア管弦楽団&合唱団
12) 7つのバガテル Op.33 ~ 第7番:プレスト
   【演奏】スティーヴン・コヴァセヴィチ(ピアノ)
13) 合唱幻想曲 ハ短調 Op.80 ~ フィナーレ
   【演奏】ニコラウス・アーノンクール(指揮)
       アルノルト・シェーンベルク合唱団、ヨーロッパ室内管弦楽団

[ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)]
#1 史上最高の作曲家の一人
ベートーヴェンは、多くの場合、すべての作曲家の中で最も偉大であると言われています。音楽の発展において革命的で影響力のある人物であるだけでなく、観客を興奮させる大規模で多様な作品を生み出しました。交響曲「英雄」「運命」「田園」「合唱(歓喜の歌)」、ピアノ協奏曲「皇帝」、ヴァイオリン・ソナタ「春」「クロイツェル」、ピアノ・ソナタ「月光」「悲愴」「熱情」、ヴァイオリン協奏曲、歌劇「フィデリオ」・・・など、最も広く愛されている傑作が多数あります。

#2 人生を豊かにする傑作で個人的な悲劇を克服した男
ドイツのボンで生まれたベートーヴェンは、22歳でヨーロッパの音楽の都ウィーンに移り、生涯をそこで過ごしました。彼はピアニスト兼作曲家としてキャリアを始め、成功をおさめましたが、1800年頃に耳が聞こえなくなっていることに気付きました。この悲劇、および彼の人生における他の多くの困難と合併症にもかかわらず、彼の天才と決意は、新しい音楽的感覚でそれまでの基盤を破り、哲学的なレベルで、人類の尊厳、可能性、および願望を主張するという画期的な流れを生み出しました。

#3 音楽の歴史を変えた作曲家
ベートーヴェンは、ハイドンやモーツァルトなどの作曲家によって作り上げられた音楽形式、特に交響曲、ピアノ・ソナタ、ピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲、弦楽四重奏を採用しながらも、新しい構造、技術、表現力を取り入れました。古典派からロマン派への移行を体現し、同時代と後継者(ブラームス、ワーグナーなど)に決定的な影響を及ぼし、弦楽四重奏の「大フーガ」や後期ピアノ・ソナタで、20世紀を感じさせる音楽も作曲しました。
 

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS