Ed Sheeranエド・シーラン

Profile

エド・シーランは、世界中で4500万枚以上のアルバムと1億5000万枚のシングルを売り上げた、時代を代表するアーティストだ。示唆に富むソングライティング、ポップの万能性、そしてジャンルを超える影響力の融合を通じて、彼の豊かなタペストリーは、聴衆に完璧にフィットするだけでなく、世代を超えて魅了する。
2010年、当時気に入ったグライム系アーティストをフィーチャーした8曲入りEP『No.5 Collaborations Project』でUKサーキットに登場して以来、サフォーク出身のレコーディングアーティストは、その比類なきソングクラフトと多様性によって世界中のファンと共鳴し合ってきた。そして現在、『+』(2011年)、『x』(2014年)、『÷』(2017年)、『No.6 Collaborations Project』(2019年)、そして『=』(2021年)と5作連続で全英No.1アルバムとなり、エドは地球上で最も需要のあるポップスターの1人としてその地位を再確認し続けている。

昨年10月に発売された新作アルバム『=』のリリースに先立ち、エドは「Bad Habits」で(これまで2022年で最も売れた全英No.1シングル)と「Shivers」という2曲の全英シングルNo.1を確保し、2曲合わせて15週間にわたり全英公式シングルチャートの上位に君臨していた。さらに、『=』はリリース以来、世界中で300万枚以上を売り上げ、EMAの<ベストアーティスト>と<ベストソング>の2部門、アメリカン・ミュージック・アワードの<フェイバリット・メール・ポップアーティスト>、英国GQの<ソロアーティスト・オブ・ザ・イヤー>、Los40賞4部門、2022年度グラミー賞の<ソング・オブ・ザ・イヤー>候補を獲得するなど、今年に入っても勢いを増す。

だがグラストンベリーのヘッドライナーであった彼が21世紀の人気アーティストの1人となったのは、彼の音楽作品の成功だけではない。万人収容の会場を、彼が初めてステージになったパブのバックルームに変えてしまう神秘的な能力を持つエドは、2015年に、バンドなしで、ギターとループペダルだけで、ウェンブリー・スタジアムを3夜連続でソールドアウトにしてソロ演奏した史上初のアーティストとなり、歴史を刻んでいた。2019年の夏、エドは2年にわたる巨大なディバイド・ツアーを終え、サフォークのイプスウィッチでの特別な帰国公演を最後に、公式に史上最も観客動員数の多いツアーとなり、再び歴史に名を刻む。そして来年は、ウェンブリー・スタジアムで5夜にわたって行われる「+ - = ÷ x Tour」(「マスマティクス・ツアー」と発音される)のために再び旅に出る予定だ。

2017年に音楽とチャリティへの貢献によりMBEを授与されたエド・シーランは、1 x IFPI賞(2017年最も売れたグローバル・アーティスト)、4 x グラミー賞、4 x アイヴォア・ノヴェロ賞、7 x BRIT賞(2018年と2019年の「グローバルサクセス」2連覇含む)、7 x ビルボード賞+αを受賞。さらに、彼の大ヒットとなった3枚目のスタジオ・アルバム『÷』は、現在もイギリスで男性アーティストによる史上最速の売り上げを記録しており、LPのリード・シングル「Shape of You」は、Spotify史上最もストリームされた楽曲としての地位を維持している。

2019年末、エドは、2010年から2019年の間、英国の公式シングルおよびアルバム・チャート全体で最多No.1を獲得するなど、母国英国で数々の功績を残し、オフィシャル・チャート・カンパニー初の「No.1 Artist of the Decade」賞を授与されていた。最近では、イギリスのシングル・チャートで52週(通年)1位を獲得した最初のイギリス人ソロ・アーティストとなり、オフィシャル・チャート・カンパニーでも新たな偉業を達成している。

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS