Artist img format 2018

Emoke Barathエメーケ・バラート

Latest Release

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

Voglio cantar / 私は歌いたい!(17世紀ヴェネツィアの歌曲集)【輸入盤】

《Voglio cantar(私は歌いたい!)》と題されたこのアルバム。歌っているのはハンガリーの若手ソプラノ、エメーケ・バラートです。彼女は2011年にインスブルック古楽国際声楽コンクールで優勝後、ミンコフスキ、サヴァール、アラルコン、アイム、ダントーネらの指揮で、ハンガリー国立歌劇場、アン・デア・ウィーン劇場、パリ・シャンゼリゼ劇場、エクサン・プロヴァンス音楽祭、ボルドー歌劇場などで活躍し、透き通るような美声で聴衆を魅了しています。2017年5月には、グラインドボーン音楽祭でクリスティ指揮のカヴァッリ「イペルメストラ」のタイロル・ロールを歌い、2017年11月のカンブルラン指揮の読売日本交響楽団演奏会「メシアン:アッシジの聖フランチェスコ」での天使役で絶賛を博しました。  エラート・レーベルへは、フィリップ・ジャルスキーの2枚のアルバム「オルフェウス神話~モンテヴェルディ、ロッシ、サルトリオ」「グルック:オルフェオとエウリディーチェ」に参加していましたが、このたびエラートとの専属契約となっての初ソロ・アルバムとなります。  このアルバムで彼女が取り上げたのは、17世紀イタリアで活躍した女性作曲家バルバラ・ストロッツィと彼女の師であったフランチェスコ・カヴァッリのアリアを中心に器楽作品を織り交ぜた興味深い作品集。当時のヴェネツィアで女性が作曲家として自立することは困難であったと推測されますが、ストロッツィは自身の名前で作品を出版し、高い評価を受けたことで知られています。宗教曲、世俗作品のどちらにも長け、数多くの作品を書きましたが、現代ではその多くが失われてしまいました。しかし残された作品はどれも調和がとれた抒情的な趣きをもっており、歌い手は持てる限りの表現力を駆使し、即興的なフレーズを歌いこなすことが求められます。これまでに様々な古楽作品から現代曲まで自在に歌いこなしてきた彼女、このアルバムでもほとんどノン・ヴィヴラートによる清冽な響きに見事なアジリタを加えた素晴らしい歌唱を披露しています。バックを務めるイル・ポモ・ドーロの活力溢れる伴奏も聴き所。バロック時代の声楽曲の楽しさに開眼すること間違いなしの1枚です。  

2019.01.18 発売/9029.563221

iTunes から入手
TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
Amazon Music
mora
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Spotify

Playlistおすすめプレイリスト

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS