FEVER 333フィーバー333

Profile

(読み:フィーバー・スリー・スリー・スリー)

Vocalist:Jason Aalon Butler / ジェイソン・エイロン・バトラー [ex-letlive.]
Drummer:Aric Improta / アリック・インプロタ [Night Verses]
Guitarist:Stephen Harrison / ステファン・ハリソン [ex-the Chariot]
 

元LETLIVE.のフロントマンであるジェイソン・エイロン・バトラーがNight Versesのアリック・インプロタ(Drums)、そして元The Chariotのギタリストであるステファン・ハリソン(Guitar)と共に結成したトリオ・バンド。

2017年3月に、強烈な政治的なメッセージを含んだ1st EP『メイド・アン・アメリカ』をデジタル・リリース。2017年7月に、FUJIROCK FESTIVAL2018の最終日のWHITE STAGEに出演し、ステージを縦横無尽に駆け回り、果ては中継車の屋根までをもステージにして多くのオーディエンスの心を鷲づかみに。そのエナジーに満ち溢れたパフォーマンスは観客の度肝を抜いた。このステージはFUJIROCK公式のYouTube Channelにてストリーミング配信されたことでその話題性は増幅され、そしてALBUMリリース発表の前だったにも関わらず、単独来日公演がステージ直後に発表されるなど、その破格の扱いも相まって大きな話題となった。


「俺らのやるべき活動は、俺らの音楽よりも大きい事なんだ。アートというのは偶発的だ。俺らは歌を通して気持ちを訴えるだけではなく、実際に行動を起こして今の世界を変えたいんだ。他のアーティストもそうしろって言っているわけじゃない。どうせ大きな貢献をした奴らは殺されるか狂ったみたいな扱いを受けるからな。だから俺らは世界を変えるために活動しているってことを公言しているんだ。世界の皆が社会政治学に注意を向けていた、あの頃のようにしたいんだよ。俺らが今作ろうとしている音楽は、これから起こる新たな革命のサウンド・トラックなんだ」(バトラー)

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS