GOJIRA

Profile

ジョー・デュプランティエ ─ vocal/guitars
クリスチャン・アンドルー ─ guitars
ジャン=ミシェル・ラバディ ─ bass
マリオ・デュプランティエ ─ drums

1996年結成、フランス南西部バイヨンヌ出身。ジョーとマリオのデュプランティエ兄弟を中心に結成し、以降一切メンバーチェンジなしで活動を続けている。1997年からデモ音源を作成し、カンニバル・コープスやイモータルなど様々なバンドのサポートとしてツアーを続け、4枚のデモ作品を発表した後、2001年にデビュー・アルバム『Terra Incognita』を発表、2003年にはセカンド『The Link』を発表、そのテクニカルで獰猛なサウンドスタイルでアンダーグラウンドでの人気を爆発させていく。この初期2枚の成功により、バンドはフランスのレーベル、Listenable Recordsと契約を交わし、セカンドのリイシューを発売しつつ、2005年に3rd『From Mars to Sirius』を発表、2006年から2007年にかけてラム・オヴ・ゴッドやトリヴィアム、チルドレン・オブ・ボドムらのサポートとして何度もヨーロッパ/USをサーキット、世界規模での活動を展開していく。

その後フロントのジョー・デュプランティエは、彼のヒーローでもあるマックス・カヴァレラからの誘いを受けて、マックスとイゴール・カヴァレラの奇跡のリユニオン・プロジェクト、カヴァレラ・コンスピラシーへの参加を表明、ベーシストとしてアルバム『インフリクテッド』(2008年)に参加し、その後ツアーにも参加していく。そして同年10月、GOJIRAとして4枚目となるアルバム『The Way Of All Flesh』を発表、アメリカのビルボード・ヒートシーカー・チャートで1位を記録、ラム・オブ・ゴッドやメタリカらのサポートアクトに抜擢されたり、初の全米ヘッドライン・ツアーを行うなど、より大きな舞台での活動を展開していく。

そして2011年11月、バンドは新たにワールドワイドでRoadrunner Recordsとの契約を交わし、移籍第一弾となる最新作のレコーディングに突入していった。

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS