KSUKE

Profile

日本を代表する音楽プロデューサー。2015年3月に Warner Music Japan International と専属契約。自身のオリジナル作品の他、国内外アーティスト達のリミックスワークも多数手掛ける。

 オリジナルでは、1st アルバム「SPACE SHOUT」、EP「WEIGHTLESS」の他、代表作となったヒットシングルに「Breath Again」「POOL」「Favorite Mistake」がある。
「Breath Again」では韓国の人気グループ f(x)のAmber をゲストVocal に迎え、Youtube 再生回数が1ヶ月で100 万View 突破という記録を樹立。 また、世界最大の音楽ストリーミングサービス “Spotify” において、当楽曲がドイツの人気プレイリストに選曲されている。これを皮切りにヨーロッパでの人気も高まり、次いでアジア、南米、US までワールドワイドに楽曲がプレイされた。現在ではSpotifyを始め全ストリーミング楽曲再生回数200万回以上を突破する人気を博している。
 同じくSpotify において、毎年末に発表される日本国内の人気プレイリスト「Best of Top Hits Japan」に「POOL」(2017年)、「Favorite Mistake」(2018)と2年連続でランクイン。
 これらの反応がプロデューサーとしてのKsuke の人気を不動のものとした。

 リミックスワークでは、Major Lazer の世界的ヒット曲「Lean On」Ksuke Remix を始め、AGNEZ MO「Overdose ft. Chris Brown」Ksuke Remixを権威あるUSレーベル「300 Entertainment」からリリースしたことが話題になった。
 他にもバンドからアイドルの楽曲まで(MAN WITH A MISSION、平井堅、CROSS FAITH、清水翔太、チームしゃちほこ、等)幅広く手掛けている。

 活動はプロデューサーとしてのみならず、DJ としてもDJMAG JAPAN によるランキングにおいて総合1 位を獲得し、その地位を確立している。
 世界のスター級DJ のみが登壇を許される夢の舞台 “ULTRA MUSIC FESTIVAL” への各国出演。ナイトクラブの聖地ラスベガスに君臨する世界最高峰ブース、XS NightClub、LightNightClub、HAKKASANといった超一流現場での実績。ユニバーサルスタジオジャパン・カウントダウンイベントへの3年連続出演。そして国内はもとより、アジア各国のビッグクラブにヘッドライナーとして招かれるなど、ワールドクラスの日本人DJ として代表的な存在となっている。

 近年は特に、インドネシア、タイ、マレーシアなど東南アジア主要都市での人気が高騰。SNS のフォロワー数もアジア諸国からが過半数を占めている。

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS