Artist img munchnerphilharmoniker

Munchner Philharmonikerミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

Latest Release

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

セルジュ・チェリビダッケ & ミュンヘン・フィルBerlioz:Symphonie Fantastique(1986) / ベルリオーズ:幻想交響曲(1986年ライヴ)【輸入盤】

正規盤初登場!チェリビダッケの、1986年6月28日の『幻想交響曲』圧巻ライヴ! ミュンヘン・フィルとセルジュ・チェリビダッケによる素晴らしい遺産が、またミュンヘン・フィル・レーベルより発売となります。1979年6月に首席指揮者に就任し、17年間この地位を務めたチェリビダッケ。今日のミュンヘン・フィルの世界的な名声を築いた、オーケストラを作る上で不可欠な要素でした。そして、今日ミュンヘン・フィルは国際的に高く評価されるオーケストラとなっています。  1986年といえばこの年の10月に、チェリビダッケ&ミュンヘン・フィルが来日し、ブラームス、ムソルグスキー、ブルックナーを演奏し、伝説的演奏を日本に残しました。この録音はその4か月前のミュンヘンでのライヴ録音となります。これまでチェリビダッケの幻想交響曲は、1960年代のスウェーデン放送響、トリノRAI交響楽団によるものがありましたが、1986年という比較的新しい時期の濃厚な演奏を聴くことができます。第2楽章の美しき管楽器のメロディと動き回るヴァイオリンの掛け合いの緻密さ。第4楽章の断頭台へのかなりテンポの遅い行進。最終楽章でのトロンボーンの柔らかい音色による他の指揮者には無い独特な解釈、猛烈なアッチェランドをかけて突進するフィナーレなど、全曲で演奏時間約60分というチェリビダッケを全面的に受け入れたミュンヘン・フィルと、そこから出る妥協を許さない断固たる姿勢による、音楽の可能性を徹底して突き詰めた正に音のドラマがここに記録されています。  この発売のために、ミュンヘン・フィル所蔵のオリジナルのアナログ・マスターテープより24bitリマスターを行い、さらに最近ECMの監修の下でマスタリングを担当し、キース・ジャレットの諸作にかかわってきたエンジニア、クリストフ・スティッケル氏が最終マスタリングを担当し、ライヴの緊迫感ある演奏が甦っています。  

2020.04.24 発売/8709.997424

ワレリー・ゲルギエフ & ミュンヘン・フィルStravinsky: Funeral Song / ストラヴィンスキー:葬送の歌(ハイレゾ有)

  • SINGLE
  • 配信限定
  • Other

2020.03.27 配信/746935760007

もっと見る

イーゴリ・ストラヴィンスキーが1908年に作曲した管弦楽曲で、師であるニコライ・リムスキー=コルサコフの追悼のために書かれた。紛失したと思われていたが、2015年に再発見された作品。2016年12月2日、サンクトペテルブルクでゲルギエフ指揮のマリインスキー劇場管弦楽団によって再演された作品。

ワレリー・ゲルギエフ & ミュンヘン・フィルMahler: Symphony No.8 / マーラー:交響曲第8番【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2020.01.17 発売/8709.997426

もっと見る

 マーラーの大作「交響曲第8番」が初演されたのは「ミュンヘン博覧会1910」と題された音楽祭でした。ほぼ4か月間に渡る大規模な音楽祭のメインイベントとして企画され、9月12日、13日ともに3000枚の切符が初演2週間前には売り切れたというほどの人気を獲得しました。もちろん初演は大成功。嵐のような熱狂が30分近くも続き、マーラーにとっても記憶に残る勝利の瞬間だったのです。  この初演を担ったのが、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の前身であるカイム管弦楽団であり、以降、マーラーの第8番交響曲はオーケストラにとっても大切な作品となり、幾度となく演奏され続けています。とりわけ、2018/2019年のオーケストラ創立125周年記念シーズンでは複数回のコンサートが開催された中の一つで、フィルハーモニー・ド・パリでのライヴが、このアルバムに収録されたものとなります。 「千人の交響曲」とも呼ばれるほど大規模な編成を持つだけでなく、至るところに複雑な対位法が仕組まれたマーラーの作曲技法が極限まで駆使されたこの作品、全てを掌握するのは指揮者にとっても大変ですが、オペラを得意とするゲルギエフは、物語の流れを重視し、聴き手をぐいぐいと作品に引き込んでいきます。とりわけ第1部での厳格なフーガでの息を飲むような迫力はゲルギエフならではの仕上がり。第2部でもゲーテの「ファウスト」の最後の情景が迫真の響きで描かれていきます。独唱者、合唱、オーケストラ、全ての奏者たちの持てる力を集結した素晴らしい演奏です。  

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク
Amazon Music
Google Play Music
mora

Streaming

Apple Music で聴く
Amazon Music Unlimited
Google Play Music
Spotify
LINE

アレクサンドラ・グルーバー、ジェイムズ・レヴァイン、ミュンヘン・フィルMozart: Clarinet Concerto / モーツァルト:クラリネット協奏曲

  • SINGLE
  • 配信限定
  • Other

2019.06.28 配信/MPHILDIGI0011

もっと見る

ミュンヘン・フィルの自主レーベル、MPHILからのデジタル配信限定の発売。オーケストラのソロ・クラリネット、アレクサンドラ・グルーバーを独奏者としてレヴァインが指揮したモーツァルトの傑作協奏曲。クラリネット・ソロとオーケストラの見事な対話は聴きもの。

Download

iTunes から入手
レコチョク
Amazon Music
Google Play Music
mora
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Amazon Music Unlimited
Google Play Music
Spotify
LINE

Playlistおすすめプレイリスト

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS