3960 r

Nicholas Angelichニコラ・アンゲリッシュ

Latest Release

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

Beethoven Piano Concertos 4 & 5 / ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4&5番~1892年製プレイエル・ピアノによる【輸入盤】

1970年アメリカに生まれ、7歳で演奏会デビュー。13歳の時にパリ国立高等音楽院に入学し、アルド・チッコリーニ、イヴォンヌ・ロリオ、ミシェル・ベロフ、マリー・フランソワーズ・ビュケに師事、一等賞を獲得し卒業したニコラ・アンゲリッシュ。世界中の有名オーケストラと共演し、日本にもたびたび来日、その完璧な音楽性で聴衆を魅了しています。 ブラームス、リストなどロマン派作品を得意とするアンゲリッシュですが、今回はベートーヴェンの名作、ピアノ協奏曲第4番と第5番の演奏を熱演しています。何といっても注目したいのは、あえて彼が使用したのは1892年製のプレイエルの楽器。「ベートーヴェンがこの世を去って65年後、1892年に製作されたコンサート・グランドピアノは、ベートーヴェンの時代の響きと精神を尊重した、現代的な音色も持っている」とアンゲリッシュは語っています。アンゲリッシュが求める「新しいもの」を具現化するにふさわしい音色をもった楽器だったのです。そして、優美な第4番、壮麗な第5番と、作品の持つ雰囲気は違いますが、そのどちらも的確に表現できる性能も備えています。このアルバムは、パリ郊外にある新しい複合文化施設「ラ・セーヌ・ミュジカル」でライヴ収録され、共演のエキルベイ率いる注目のピリオド楽器を使用した「インスラ・オーケストラ」の磨き抜かれた響きも作品に華を添えています。  

2018.09.21 発売/9029.563417

iTunes から入手
レコチョク
TOWER RECORDS ONLINE

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク
mora
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Amazon Music Unlimited
Spotify

Nicholas Angelich/ニコラ・アンゲリッシュBeethoven: Piano Concertos Nos.4 & 5 / ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番、第5番「皇帝」~1892年製プレイエル・ピアノによる(UHQCD)

  • ALBUM
  • CD
  • 再販

2018.09.19 発売 ¥2,800+税/WPCS-13792

もっと見る

エラート・レーベルへの初ベートーヴェン録音。ピリオド楽器による演奏で、2018年3月フランスのセーヌ・ムジカールでのライヴ録音が待望のパッケージ発売。共演のローレンス・エキルベイとともに、ベートーヴェンの時代の音楽的なテキスト、響きと精神を尊重して表現し、同時に現代の聴き手に届けるべき環境と会場の大きさにも配慮した演奏が披露され大きな反響を呼んだ。日本盤のみUHQCD盤仕様で発売。

Buy

Amazon
TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク
mora
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Amazon Music Unlimited
Spotify

Nicholas Angelich/ニコラ・アンゲリッシュBrahms: Piano Concertos, Piano Works, Camber Works / ブラームス:ピアノ協奏曲、ピアノ作品、室内楽作品集【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2017.08.18 発売/9029.586921

もっと見る

《Budget Boxes Series》  

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手

Streaming

Apple Music で聴く
Spotify

Nicholas Angelich/ニコラ・アンゲリッシュDedication / 献呈されたピアノ作品~リスト、シューマン&ショパン【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2016.04.22 発売/9029.599067

もっと見る

1970年アメリカ生まれのピアニスト、ニコラ・アンゲリッシュ。今作の「ラ・ロンド」と題されたアルバムでは、シューマンとリスト、そしてリストの作品を取り上げています。ライプツィヒの「一般音楽新聞」で、シューマンがショパンについて記した「諸君、脱帽したまえ、天才だ」の言葉はあまりにも有名ですが、リストについては「優しく、空気のように軽く、その後大胆、かつ激しくピアノを演奏した」と記しているように、シューマンは常に2人の音楽家を世に広めようとしていたのです。リストもショパンを高く評価していましたが、控えめなショパンはシューマンの大げさな賛辞や、リストの派手なパフォーマンスにはあまり同意していなかったとも伝えられます。とは言え、ほぼ同時期に生まれたこの3人は、当時音楽界の頂点にあったパリで出会い、良きライヴァルとして競いあいながらも、深い友情を形成していたことは間違いありません。アンゲリッシュがとりあげた3つの作品も、全て関連があり、シューマンの「クライスレリアーナ」はショパンに捧げられ、ショパンは練習曲の作品10をリストに捧げ、リストは彼の「ロ短調」ソナタをシューマンに捧げたのです。もちろん、アルバムタイトルの「Dedication」はこれに由来するもので、3人の音楽的な交流を探るとともに、アンゲリッシュは、深い洞察力に満ちたその演奏で、各々の個性や音楽性までを明快に浮き彫りにしています。

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

mora
e-onkyo music

Streaming

Spotify

Playlistおすすめプレイリスト

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS