Emmanuel Pahudエマニュエル・パユ

Profile

エマニュエル・パユ

1970年1月、フランス人とスイス人の両親のもと、ジュネーヴに生まれる。
6歳でフルートを始め、パリ国立高等音楽院でミシェル・デボスト、アラン・マリオン、クリスチャン・ラルデ、ピエール=イヴ・アルトーに師事。同音楽院卒業後はオーレル・ニコレの下で研鑽を積んだ。

1989年の神戸国際コンクール第1位で日本のフルート・ファンの注目を一気に集め、92年には最難関のジュネーヴ国際コンクール第1位を獲得。 1992年ベルリン・フィルハーモ ニー管弦楽団(音楽監督: クラウディオ・アバド)のオーディションに合格し、翌年にはベルリン・フィル首席ソロ奏者就任。 2000年6月ベルリン・フィルを退団、同年9月から2001年6月までジュネーヴ音楽院フルート科の教授として後進の指導にあたる。 2002年4月ベルリン・フィルに復帰、同オーケストラ首席奏者およびソロ・フルーティストとしての演奏活動を再開。

初来日は1989年。来日も多く、リサイタルの他、オーケストラとの共演やマスタークラスも行っている。



クリスティアン・リヴェ

フランス・メッツ地方音楽院でギター、指揮法、室内楽、和声、対位法を学び、同音楽院を首席で卒業後1984年にパリ国立高等音楽院に入学し、アレクサンドル・ ラゴヤに師事する。1987年および88年にギターと室内楽でそれぞれプルミエ・プリ(一等賞)を獲得して修士課程へと進み、アルヴァロ・ピエリ(ギター)およびピエール=イヴ・アルトー、ミシェル・デボスト、オーレル・ニコレといったフルーティストの薫陶を受けた。

室内楽奏者として、エマニュエル・パユ(フルート)、ミシェル・ポルタル(クラリネット)、ローラン・コルシア(ヴァイオリン)等と度々共演している。

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS