4948 r

Quatuor Arodカルテット・アロド

Latest Release

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

The Mathilde album / マティルデ・アルバム ~ヴェーベルン、シェーンベルク、ツェムリンスキー:弦楽四重奏作品集【輸入盤】

このアルバムのテーマとなっているのは、作曲家ツェムリンスキーの妹で、シェーンベルクの妻となったマティルデ・ツェムリンスキー(1875-1923)とう女性です。1895年、ツェムリンスキーが結成したオーケストラ「ポリュヒュムニア」にチェリストとして入団してきたシェーンベルク。ツェムリンスキーはシェーンベルクに対位法を教えるなど、彼らは親しい友人となります。やがてシェーンベルクはツェムリンスキーの妹マティルデと結婚(1901年)、しばらくは幸せな結婚生活を送りますが、1908年にシェーンベルクが絵画のてほどきを受けていた画家リヒャルト・ゲルストルとマティルデが駆け落ちをするという大事件が起きてしまいます。この頃、シェーンベルクが作曲していたのが、第3楽章と第4楽章にソプラノの独唱が加わるというユニークなスタイルによる「弦楽四重奏曲第2番」でした。もともと「妻へ」と賛辞がつけられていましたが、この曲には当時のシェーンベルクの不安定な感情が反映されているとも言われています。結局マティルデは、シェーンベルクの弟子であったウェーベルンらの説得もあり、数週間後にシェーンベルクの元に戻りましたが、全てを失ったゲルストルは25歳で自らの命を絶つという悲劇的な結末を迎えることとなります(この一件に衝撃を受けたシェーンベルクは、のちに音楽劇「幸福な手」でその心情を伝えています)。 カルテット・アロドのデビュー・アルバムでは、「メンデルスゾーンの若さ」という言葉からイメージされるエッジの効いた疾風怒濤的な激しさによる演奏でした。この2枚目のアルバムは、拡大された和声法に基づき表現主義的なロマン派末期の様相による作品ということで、クールでバランスある抑制と歌心を失わずにアンサンブルとしての音が奏でられています。彼らの真の魅力は知的さと繊細で緻密な表現であり、4つの弦楽器がときにお互いの音に寄り添い、融合し、あるときは断固として主張を貫いていきます。シェーンベルクでは、ヨーロッパで注目を浴びてきている新鋭ソプラノ歌手のエルザ・ドライジグが参加し、調和に満ちた声で歌い上げます。  

2019.10.04 発売/9029.542552

iTunes から入手
レコチョク
TOWER RECORDS ONLINE

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク
Amazon Music
Google Play Music
mora
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Amazon Music Unlimited
Google Play Music
Spotify
LINE

Quatuor Arod/カルテット・アロドMendelssohn / メンデルスゾーン

  • ALBUM
  • CD

2017.10.11 発売 ¥2,600+税/WPCS-13726

もっと見る

パリより若きカルテット、デビュー! 2016年ミュンヘン国際コンクール覇者、エラート・レーベルと長期専属契約締結。

Buy

Amazon
TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク

Streaming

Apple Music で聴く
Spotify

Quatuor Arod/カルテット・アロドMendelssohn: String Quartets Op.13, Op.44-2, 4 Pieces, etc / メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲集【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2017.09.26 発売/9029576112

もっと見る

2016年ミュンヘン国際音楽コンクール優勝、「カルテット・アロド」のデビュー盤!

Buy

TOWER RECORDS ONLINE

Download

iTunes から入手

Streaming

Apple Music で聴く
Spotify

Playlistおすすめプレイリスト

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS